Service Builderの実行

Service Builderの実行

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

このチュートリアルでは、Service Builderの実行方法を示します。 アプリケーション内のサービスビルダを使用していますが、まだ持っているしたい場合は 作成した service.xmlに あなたのアプリケーションのためのオブジェクト・リレーショナル・マップ定義ファイル、このチュートリアルを進める前にそうしてください。

service.xml ファイルからサービスを構築するには、2つの方法があります。

Liferay Dev Studio DXPが最初にデモンストレーションされます。

Liferay Dev Studioの使用

パッケージエクスプローラーから、サービスモジュールを右クリックし、 Liferaybuild-service選択します。

図1:Liferay Dev Studio DXPは、サービスモジュールの* Liferay サブメニューの build-service *オプションを介してService Builderサービスの構築を容易にします。

Service Builderは多数のファイルを生成します。 コマンドラインからService Builderを実行することもできます。

コマンドラインを使用する

コマンドラインを開き、アプリケーションフォルダー( * -api および * -service モジュールを含むフォルダー)に移動します。

Gradleを使用してサービスを構築するには、次のコマンドを入力します。

blade gw buildService  

または

gradlew buildService

Bladeの gw コマンドは、Gradle Wrapperを使用できるプロジェクトで機能します。Liferayプロジェクトテンプレートを使用して生成されたプロジェクトには、Gradle Wrapperがあります。

Mavenを使用している場合は、次のコマンドを実行してサービスを構築します。

mvn service-builder:build

重要: mvn service-builder:build コマンドは、 com.liferay.portal.tools.service.builder プラグインバージョン1.0.145+を使用している場合にのみ機能します。 Service Builderプラグインの以前のバージョンを使用するMavenプロジェクトは、それに応じてPOMを更新する必要があります。 詳細については、 Mavenを使用してService Builderを実行してください。

サービスを正常に構築すると、Service Builderはメッセージ BUILD SUCCESSFUL出力します。 生成された多くのファイルがプロジェクトに表示されます。 これらは、エンティティのモデル層、サービス層、および永続層を表します。 生成されるファイルの数については心配しないでください。次のチュートリアルで説明します。 Service Builderがエンティティに対して生成するコードを確認する時間です。

« サービスエンティティファインダーメソッドの定義Service Builderによって生成されたコードを理解する »
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています