Item Selector APIのコンポーネントについて

Item Selector APIのコンポーネントについて

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Item Selector APIを使用する前に、そのコンポーネントについて学習する必要があります。 アプリでAPIを活用しながら、これらのコンポーネントを使用します。

  • 選択ビュー: これらはフレームワークの主要コンポーネントです。 それらは、異なるソースからの特定のタイプのエンティティを示します。 たとえば、画像を表示するように構成されたアイテムセレクターには、ドキュメントとメディア、サードパーティの画像プロバイダー、またはドラッグアンドドロップUIからの選択ビューが表示される場合があります。

  • マークアップ: 選択ビューをレンダリングするマークアップファイル。 選択したマークアップ言語に大きな柔軟性があります。 たとえば、JSP、FreeMarker、または純粋なHTMLとJavaScriptを使用できます。

  • 戻りタイプ: ユーザーが選択したエンティティから返される情報のタイプを表すクラス。 たとえば、ユーザーが画像を選択し、選択した画像のURLを返す場合、URL戻り型クラスが必要です。 各戻り型クラスは、 ItemSelectorReturnType インターフェイス実装する必要があります。 このようなクラスは、返されるデータに基づいて名前が付けられ、 ItemSelectorReturnType接尾辞が付き。 たとえば、URL戻り型クラスは <code>URLItemSelectorReturnTypeです。

  • 基準: ユーザーが選択したエンティティを表すクラス。 たとえば、ユーザーが画像を選択する場合、画像基準クラスが必要です。 各基準クラスは、 ItemSelectorCriterion インターフェイス実装する必要があります。 Criterionクラスは、それらが表すエンティティの名前が付けられ、接尾辞 ItemSelectorCriterion付けられ。 たとえば、画像の基準クラスは <code>ImageItemSelectorCriterionです。

  • 基準ハンドラー: 適切な選択ビューを取得するクラス。 各基準には基準ハンドラーが必要です。 Criterionハンドラクラスは、 BaseItemSelectorCriterionHandler クラス を拡張し、基準のエンティティを型引数として使用します。 Criterionハンドラークラスは、基準のエンティティに基づいて名前が付けられ、接尾辞 ItemSelectorCriterionHandler付けられ。 たとえば、画像基準ハンドラークラスは <code>ImageItemSelectorCriterionHandlerです。 BaseItemSelectorCriterionHandler<ImageItemSelectorCriterion>拡張し 。

この図は、これらのコンポーネントがどのように相互作用して機能するAPIを形成するかを示しています。

図1:アイテムセレクタービュー(選択ビュー)は、戻り値のタイプと基準によって決定され、マークアップによってレンダリングされます。

関連トピック

アイテムセレクターを使用したエンティティの選択

カスタムアイテムセレクタエンティティの作成

カスタムアイテムセレクタービューの作成

« アイテムセレクターアイテムセレクターを使用したエンティティの選択 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています