エクスポート/インポートおよびステージング

エクスポート/インポートおよびステージング

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

エクスポート/インポートおよびステージング機能により、ユーザーはページの公開を計画し、コンテンツを管理できます。 エクスポート/インポート機能を使用すると、ユーザーはポータルからコンテンツをエクスポートし、外部コンテンツをポータルにインポートできます。 アプリケーションにエクスポート機能を提供すると、アプリケーションで作成したコンテンツを別のポータルインスタンスなどの他の場所にエクスポートしたり、後で使用するためにコンテンツを保存したりする柔軟性がユーザーに与えられます。 インポートは反対のことを行います。LARファイルのデータをポータルに取り込みます。

たとえば、オンライン教育コースを管理しているとします。 オンラインコースの性質上、学期ごとにサイトのデータ(成績、課題など)が消去され、新たに入学する学生に道が開かれます。 このようなシナリオでは、コース中に与えられたすべてのデータの完全な記録を頻繁に保存する必要があります。 コースを提供する教育機関は、最短年数の間、コースのデータの記録を保持する必要があります。 これらの要件を順守するには、エクスポート/インポート機能を備えた成績表アプリケーションを使用すると、新しい学期のアプリケーションのデータをクリアできますが、前のクラスの作業は保存できます。 生徒の成績をLARファイルとしてエクスポートし、コースのサイトの外部に保存できます。 成績に再度アクセスする必要がある場合は、LARをインポートして生徒の記録を表示できます。

エクスポート/インポート機能は、再利用可能なコンテンツを作成し、他の場所からコンテンツをインポートできるようにすることで、アプリケーションに別の次元を追加します。 エクスポート/インポート機能の使用の詳細については、「 アプリデータのエクスポート/インポート ユーザーガイド」セクションをご覧ください。

ステージングを使用すると、ライブサイトに影響を与えることなく、舞台裏でサイトを変更でき、すべての変更を一気に公開できます。 ステージングはエクスポート/インポートフレームワークを活用することに注意してください。 ステージングされたコンテンツをライブサイトに公開する場合、基本的にステージングされたサイトからコンテンツをインポートし、ライブサイトにエクスポートします。 アプリケーションにステージングサポートを含めると、ユーザーは準備が整うまでコンテンツをステージングできます。

たとえば、特定の休日のみに情報を提供するアプリケーションがある場合、ステージング環境をサポートすると、ユーザーはその休日に固有のアプリケーションのアセットを保存できます。 公開の準備ができるまで、ステージング環境に常駐します。 ステージングの詳細については、パブリケーション

ステージングコンテンツをご覧ください。

アプリケーションにこれらの機能を設定する以外に、カスタムコードを記述できるAPIにアクセスして、Liferayのデフォルト機能を拡張することもできます。

チュートリアルのこのセクションでは、ステージングとエクスポート/インポートフレームワークを実装する方法を学習します。 ステージングコードの主な重点分野は以下のとおりです。

  1. StagedModelStagedModel はステージングの基礎です。 ステージングで処理する必要があるすべてのコンテンツは、このインターフェイスを実装する必要があります。ステージングプロセス中にステージングが使用するエンティティの動作コントラクトを提供します。

  2. StagedModelDataHandler:これらのデータハンドラーは、1つの特定のエンティティクラスを処理します。 たとえば、 BookmarksEntryStagedModelDataHandler は、ステージング中に BookmarksEntry 処理します。データのエクスポート、コンテンツのシリアル化、既存のエントリの検索など。

  3. PortletDataHandler:これらのデータハンドラーは、ステージング中にポートレットの構成と公開の側面を処理します。

  4. ExportActionableDynamicQuery:このフレームワークは、ステージングサポートを開発するときに役立ちます。 その目的は、データベースからデータを照会し、公開中に処理することです。 エンティティに適切なフィールドが含まれている場合は自動的に生成されるため、構成を心配する必要はありません。

  5. ExportImportContentProcessor および ExportImportPortletPreferencesProcessor:特別な場合にのみ必要な高度なフレームワーク。 ExportImportContentProcessor 使用すると、公開プロセス中にコンテンツを処理できます。 ExportImportPortletPreferencesProcessor 使用すると、公開プロセス中にポートレットプリファレンス(アプリケーションの構成)を処理できます。

« 不適切なアセットコンテンツにフラグを立てるステージングを実装する決定 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています