OSGiサービスと宣言型サービスによる依存性注入

OSGiサービスと宣言型サービスによる依存性注入

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay DXPでは、OSGiフレームワークはオブジェクトを サービスとして登録します。 各サービスは機能を提供し、他のサービスが提供する機能を活用できます。 OSGiサービスモデルは、オブジェクトのコラボレーション環境をサポートします。

宣言型サービス(DS)は、OSGiサービスの上にサービスコンポーネントモデルを提供します。 DSサービスコンポーネントには @Component アノテーションが付けられ、サービスクラスを実装または拡張します。 サービスコンポーネントは、互いのサービスを参照して使用できます。 Service Component Runtime(SCR)は、コンポーネントサービスを登録し、それらを参照する他のコンポーネントへのバインドを処理します。

「魔法」の仕組みは次のとおりです。

  1. サービス登録: サービスコンポーネントを含むモジュールをインストールすると、SCRはコンポーネントを指定されたサービスタイプに関連付けてサービスレジストリに保存するコンポーネント構成を作成します。

  2. サービス参照処理: サービスコンポーネントが別のサービスタイプを参照するモジュールをインストールすると、SCRはサービスタイプに一致するコンポーネント構成をレジストリで検索し、一致を見つけると、そのサービスのインスタンスを参照コンポーネントにバインドします。

最高の状態で公開、検索、バインドします!

DSを使用してサービスを登録およびバインドするにはどうすればよいですか? XMLファイルの作成が含まれますか? いいえ、それよりもはるかに簡単です。 @Component および `@Reference``つの注釈を使用します。

  • @Component`:このアノテーションをクラス定義に追加して、クラスをコンポーネント(サービスプロバイダー)にします。

    • @Reference:この注釈をフィールドに追加して、フィールドのタイプに一致するサービスを注入します。

@Component アノテーションは、クラスをOSGiコンポーネントにします。 サービス プロパティを注釈内の特定のサービスタイプに設定すると、指定したサービスタイプによって他のコンポーネントがサービスコンポーネントを参照できます。

たとえば、次のクラスは、タイプ SomeApi.classサービスコンポーネントです。

@Component(
    service = SomeApi.class
)
public class Service1 implements SomeApi {

   ...
}

このクラスのモジュールをデプロイすると、SCRはクラスをサービスタイプ SomeApi関連付けるコンポーネント構成を作成します。

サービス参照の指定も簡単です。 @Reference 注釈をフィールドに適用すると、フィールドのタイプに一致するサービスが挿入されるようにマークされます。

@Reference
SomeApi _someApi;

このクラスのモジュールをデプロイすると、SCRはクラスタイプ SomeApi コンポーネント構成を検出し、この参照コンポーネントクラスにサービスをバインドします。

Liferayプロジェクトテンプレートから作成されたモジュールのビルド時に、bndは各モジュールのコンポーネント用に コンポーネント記述 ファイルを自動的に作成します。 このファイルは、コンポーネントのサービス、依存関係、およびアクティベーション特性を指定します。 モジュールのデプロイ時に、OSGiフレームワークはコンポーネントの説明を読み取り、コンポーネントを作成し、他のコンポーネントへの依存関係を管理します。

SCRは、サービスコンポーネントを互いにペアリングする準備ができています。 参照元のコンポーネントごとに、SCRはターゲットサービスのインスタンスをそのコンポーネントにバインドします。

Springでの依存性注入の改善として、OSGi宣言サービスは動的な依存性注入をサポートします。 他のクラスが使用するサービスコンポーネントを作成および公開できます。 コンポーネントを更新し、サービスの代替コンポーネント実装を公開することもできます。 この種のダイナミズムは、Liferay DXPの強力な部分です。

« 依存関係の活用動的展開 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています