開発中のデータスキーマのアップグレード

開発中のデータスキーマのアップグレード

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

モジュールを開発する際、いくつかのデータベーススキーマの変更を繰り返す必要がある場合があります。 スキーマの変更が完了した新しいモジュールバージョンをリリースする前に、正式な データアップグレードプロセス作成する必要があります。 それまでは、ビルド自動アップグレード機能を使用して、スキーマの変更をその場でテストできます。

グローバルプロパティ schema.module.build.auto.upgradetrue は、サービスビルド番号が増加した再デプロイされたモジュールにモジュールスキーマの変更を適用します。 モジュールの service.properties ファイルの build.number プロパティは、サービスビルド番号を示します。 Build Auto Upgradeは、既存のデータをマッサージせずにスキーマの変更を実行します。 作成された列のデータを空のままにし、削除され名前が変更された列からデータを削除し、削除され名前が変更されたテーブルからデータを孤立させます。

Build Auto Upgradeはデータベースを迅速かつ自動的に更新しますが、適切なデータアップグレードを保証するものではありません データアップグレードプロセスを介して実装します。 ビルド自動アップグレードは、開発目的専用です。

デフォルトでは、 schema.module.build.auto.upgradefalse設定されています。 モジュールの最初のデプロイメントでは、 schema.module.build.auto.upgrade 値に関係なく、モジュールのテーブルが生成されます。

次の表は、スキーマの変更に対するBuild Auto Upgradeの処理をまとめたものです。

スキーマ変更結果
列を追加新しい空の列を作成します。
列の名前を変更既存の列を削除し、そのデータをすべて削除します。 新しい空の列を作成します。
列を削除既存の列を削除し、そのデータをすべて削除します。
Liferay DXPの組み込みデータソースでテーブルを作成または名前変更します。既存のテーブルとそのすべてのデータを孤立させます。 新しいテーブルを作成します。

すばらしいです\! これで、ビルド自動アップグレード開発者機能の使用方法がわかりました。

関連トピック

モジュールのデータアップグレードプロセスの作成

« 意味のあるスキーマのバージョン管理バックエンドフレームワーク »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています