個別のページ設定

個別のページ設定

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

[構成]ページには、[一般]、[SEO]、[ルックアンドフィール]、および[詳細]の4つのタブがあります。 ここで選択したオプションは、サイトの他の部分には影響しません。選択したページのみ。 これらのオプションの多くは完全なページセットを構成するオプションと同じであるため、 ページセット 構成の記事で詳細を確認できます。

オプションの多くはローカライズ可能であるため、ユーザーのロケールに基づいて翻訳を提供できることに注意してください。

一般的な

General タブでは、ページの基本情報とデザインを構成できます。 あなたは変更することができます フレンドリーURL、および ページレイアウト

名前とわかりやすいURL

名前 は、ブラウザのタイトルバーに表示されるタイトルで、ナビゲーションでページがどのように識別されるかを示します。 Friendly URL は、ページのリンクを定義します。 URLをページの名前と一致させることがベストプラクティスであるため、これら2つは通常一緒に更新する必要があります。

ページレイアウト

ウィジェットページの場合、ウィジェットのドロップ可能な場所を定義するレイアウトテンプレートを選択できます。 レイアウトテンプレートは、列と行を持ついくつかのセクションを定義します。 セクションに追加されたウィジェットは、スペースを埋めるために水平方向に拡張(または縮小)し、垂直方向にスタックできます。

図1:ページのレイアウトテンプレートの設定。

分類とSEO

ページのコンテンツを管理すると、ページの編成とユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。 サイトページの設定オプションは、ページコンテンツを整理するいくつかの機会を提供します。

カテゴリー

Categories タブには、分類オプションが表示されます。 これらのツールは、管理者がページを整理するのに役立ち、ユーザーは検索とナビゲーションを通じてページとそのコンテンツを見つけることができます。 タグとカテゴリの使用の詳細については、「 タグとカテゴリを使用してコンテンツを整理するを参照してください。

SEO

SEO は、ページをクロールするインデクサーにページが提供するデータを最適化するいくつかの方法を提供します。 説明、キーワード、ロボットにさまざまなメタタグを設定できます。 また、ページを更新する頻度とページの優先順位をどのように設定するかをロボットに伝えるための個別のロボットセクションもあります。 ページがローカライズされている場合は、ボックスを選択して言語ごとの正規リンクを生成できます。 これらの設定の一部をサイト全体に設定する場合は、[サイト設定の管理]ダイアログボックスの[サイトマップ]タブと[ロボット]タブから指定できます(下記を参照)。

各アセット(Webコンテンツの記事、ブログエントリなど)には一意のURLがあります。 検索エンジンの観点から見ると、特定のURLのバリエーションへの参照は同じページへの参照と見なされるため、ページのランクが高くなります。

ルックアンドフィール

ルックアンドフィール では、ページ固有のテーマを設定できます。 ページセットのテーマ用にすでに構成したものを継承するか、ページごとにテーマを定義できます。 詳細については、 サイトページのルックアンドフィールのカスタマイズ を参照してください。

図2:ルックアンドフィールページの構成の表示 .

高度な設定

詳細設定 は、特定のケースに役立つオプションが含まれています。 これらのいくつかは、サイトやページセットレベルで使用可能なオプションと同じですが、 カスタムフィールド埋め込みウィジェット、および のカスタマイズ設定 、個々のページ構成に固有のものです。

クエリ文字列

クエリ文字列を設定して、ページにパラメータを提供できます。 これは、Webコンテンツテンプレートに役立ちます。 ページのターゲットを設定して、特定の名前のウィンドウにポップアップするか、フレームセットに表示することができます。 また、ナビゲーションメニューに表示されるページのアイコンを設定できます。

カスタムフィールド

カスタムフィールド あなたはすでにのために設定したカスタムフィールドを編集することができます ページ のリソースを。 サイトにカスタムフィールドが設定されていない場合、このオプションは表示されません。 この場合、[コントロールパネル]→[ 構成 ]タブにある[ カスタムフィールド ]に移動します。 これらはページに関するメタデータであり、作成者や作成日など、好きなものを使用できます。 カスタムフィールドの詳細については、「 カスタムフィールド」を参照してください。

モバイルデバイスルール

ここで、このページがさまざまなモバイルデバイスでどのようにレンダリングされるかについてのルールを適用します。 これらを作成するには、[サイトの管理]メニューに移動し、[ 構成 →[ モバイルデバイスファミリ]を選択します。

埋め込みウィジェット

このオプションは、ページに1つ以上のウィジェットが埋め込まれている場合にのみ表示されます。

ウィジェットは、Webコンテンツテンプレートまたはフラグメントを介してページに埋め込むことができます。 詳細については、 テンプレートの追加参照してください。 プログラムにより、ページレイアウトまたはテーマにウィジェットを埋め込むことができます。 あなたはこれについて、より学習に興味があるなら、訪問 テーマに埋め込みポートレットを チュートリアル。

カスタマイズ設定

Advanced タブのこの設定オプションを使用すると、ユーザーがカスタマイズできるようにするページの特定のセクションをマークできます。 ページのカスタマイズの詳細については、 ページのパーソナライズ参照してください。

JavaScript

これは、ページの下部で実行されるコードのJavaScriptエディターを示しています。 サイトのテーマでJavaScriptを使用している場合(通常の場合)、代わりにカスタムJavaScriptコードをテーマに追加することをお勧めします。 これにより、サイトのすべてのJavaScriptコードが1か所に残ります。

この構成オプションは、パブリックページやプライベートページなどのページセットでも使用できます。 ページセットに対してこれを行う方法の詳細については、 サイトページ でのJavaScriptの実行にアクセスしてください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています