構造体フィールドの構成

構造体フィールドの構成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

各構造フィールドを構成するために使用できる多くのオプションがあります。 それらのいくつかは、フィールドの表示方法やユーザーとの対話方法に関連していますが、おそらく最も重要なフィールド構成は Nameです。 新しいフィールドを作成すると、 TextField4882ようなランダムな名前が生成されます。 ほとんどの場合、これをより覚えやすく説明的なものに変更する必要があります。 テンプレートを作成するときは、 TextField4882 が申請者の名前または年収を入力するためのフィールドであったかどうかを覚えておく必要はありません。

これを今練習してください。

  1. 構造に、 HTML 要素を追加します。

  2. フィールドにカーソルを合わせ、 構成 アイコン(Configuration)を選択します。

  3. Field Label 値を Instructions に、 Name 値を ステップます。 これで、テンプレート作成者は、このフィールドを参照できる変数を持っています。

以下は、構造体のフィールドで使用可能なすべての構成可能な設定のリストです。

タイプ: 定義に配置されたフィールドのタイプをリストします。 これは編集できませんが、テンプレートから参照できます。

フィールドラベル: フィールドで表示できるテキストを設定します。 これは、ユーザーに表示される人間が読めるテキストです。

ラベルの表示: フィールドラベルを表示するには、[ はい を選択します。

必須: 必須フィールドをマークするには、 はい を選択します。 フィールドが必要な場合、ユーザーはこの構造を使用してコンテンツを送信するために、その値を入力する必要があります。

名前: 内部で自動的に生成されるフィールドの名前。 これはテンプレートでデータを読み取ることができる変数名なので、わかりやすい名前を入力する必要があります。

定義済みの値: ユーザーがさまざまなフィールドの定義済みの値を持つ構造に基づいて新しいWebコンテンツ記事を作成すると、定義済みの値がそれらのフィールドのデフォルトとしてフォームに表示されます。

ヒント: 各フィールドには小さなヘルプアイコンがあり、役立つ情報を表示するツールチップが添付されています。 ツールチップのテキストを提供する場合は、ここに入力できます。

索引付け可能: はい を選択して、フィールドを検索用に索引付けできるようにします。

ローカライズ可能: このフィールドのローカライズを許可するには、 はい を選択します。

反復可能: フィールドを反復可能にするには、 はい を選択します。 ユーザーは、このフィールドのコピーを必要なだけ追加できます。 たとえば、記事の構造を作成している場合、特定の記事に複数の著者がいる場合に備えて、繰り返し可能な[著者]フィールドが必要になることがあります。

複数: はい を選択して、複数選択リストを有効にします(「選択」フィールドでのみ使用可能)。

オプション: 選択可能なオプションを変更します。 オプションを追加および削除したり、個々のオプションの表示名と値を編集したりできます(ラジオおよび選択フィールドでのみ使用可能)。

スタイル: 行セパレーターのスタイルを変更します(セパレーターでのみ使用可能)。

構造のデフォルト値

その構造から作成されたコンテンツの繰り返し可能な値に対して、構造のデフォルト値を定義できます。 また、Liferayの標準アセットフィールド(タグ、カテゴリ、関連アセットなど)と構造体フィールドのコンテンツのデフォルトを設定し、構造データを表示するためのデフォルトテンプレートを設定することもできます。

図1:構造の管理インターフェースのアクションボタンを使用してデフォルト値を編集できます。

再び新聞のシナリオに戻り、すべてのスポーツ記事に同じ表示ページ(スポーツページ)、同じカテゴリ、または同じタグのセットを設定するとします。 記事ごとにそれらを追加したり、ユーザーがそれらをすべてのWebコンテンツ記事に追加しているかどうか疑問に思ったりする代わりに、構造のデフォルト値を作成して、すべてのスポーツ記事に一度これらの特性を追加できます。 デフォルト値の作成は新しい構造の作成の一部ではないため、既存の構造があることを確認してください。

構造のデフォルト値を編集するには:

  1. サイト管理コンテンツWebコンテンツ に移動し、 構造 タブをクリックして構造リストを表示します。

  2. 目的の構造の アクション ボタン(Actions)を見つけ、メニューから[ デフォルト値の編集 ]を選択して、次のようなウィンドウを表示します。

    このフォームは、構造設定を管理します。 Predefined Value フィールド設定(上記参照)の機能を複製しますが、一度に多数のデフォルトを設定または編集するのに非常に便利です。

図2:構造フィールドと標準のアセットメタデータフィールドの値を定義できます。

この構造で作成するすべての新しいWebコンテンツには、挿入したデータがプリロードされています。 次に、権限の割り当てについて学習します。

« 構造の編集構造設定 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています