ごみ箱の構成

ごみ箱の構成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ごみ箱は、インスタンス全体のスコープまたはサイト固有のスコープをサポートします。 ごみ箱のインスタンス全体のスコープは、 portal-ext.properties ファイルに trash.enabled プロパティを追加することによって設定されます。 デフォルトでは、ごみ箱はインスタンス全体で有効になっています。 このプロパティと他のいくつかをプロパティファイルに追加する方法については、このセクションの後半で詳しく説明します。 まず、UIを探索し、ごみ箱で何ができるかを確認します。

最初に、サイト固有のスコープ用にごみ箱を構成します。

  1. ごみ箱用に構成するサイトを[サイトの管理]メニューから選択します。

  2. 構成サイト設定クリックし* 。

3

次に、上部の[ Advanced ]タブを選択し、[ Recycle Bin]をクリックします。 構成可能なオプションがいくつかあります。

**ごみ箱を有効にする:** ごみ箱のサイト固有のスコープの設定を有効または無効にします。

**Trash Entries Max Age:** ファイルが完全に削除されるまでごみ箱に保持される分数をカスタマイズします(デフォルトは43200分、つまり30日です)。

![図1:ごみ箱は、サイトにいくつかの構成可能なオプションを提供します。](https://liferay-support.zendesk.com/hc/article_attachments/360013319731/recycle-bin-site-settings.png)

4

ごみ箱の設定が完了したら、[ 保存]をクリックします。

portal.properties ファイルのプロパティを介してごみ箱を構成することもできます。 portal.properties 直接編集するのではなく、オーバーライドするプロパティを含む別個の portal-ext.properties ファイルを作成することがベストプラクティスであることを忘れないでください。 GUIで設定できない追加のオプションがいくつかあります。

trash.search.limit = 500:ごみ箱で検索を実行するときに使用される結果の制限を設定します(デフォルトは500)。

trash.entry.check.interval = 60:ごみ箱に入っているごみ箱のエントリを削除する間隔を分単位で設定します。ごみ箱には、最大保存期間(デフォルトでは60)より長い間隔があります。

また、前述したように、ごみ箱をインスタンス全体で有効にし、ごみ箱のエントリの最大保存期間を設定するプロパティがあります。

trash.enabled = true:このプロパティを false に設定すると、ポータル内のすべてのサイトのごみ箱が無効になります(デフォルトは true)。

trash.entries.max.age = 43200:ゴミ箱のエントリを完全に削除するまでに保持する分数を設定します。

ごみ箱のすべての構成可能なプロパティを表示するには、 portal.properties ファイルにアクセスしてください。

次に、ごみ箱内のアセットを処理/表示できるユーザーに対して、権限が適切に設定されていることを確認する必要があります。 ドキュメントがリサイクルされたときにドキュメントに対する 表示 アクセス許可を持っていたユーザーは、そのドキュメントをごみ箱で表示することもできます。 ドキュメントがリサイクルされたときに、ドキュメント 更新 または 削除 アクセス許可を持っていたユーザーは、ドキュメントを復元できます。

ごみ箱の構成が完了したので、ごみ箱の使用方法を確認します。

« 削除されたアセットの復元ごみ箱の使用 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています