Liferay Syncデスクトップクライアントの使用

Liferay Syncデスクトップクライアントの使用

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay Syncの実行中は、そのアイコンがタスクバー(Windows)またはメニューバー(Mac)に表示されます。 このアイコンをクリックすると、Liferay Syncを操作および管理するためのメニューが開きます。

図1:WindowsタスクバーとMacメニューバーのLiferay同期メニューを使用すると、同期にすばやくアクセスできます。

このメニューの上部には同期ステータスが表示されます。 選択したすべてのサイトが同期されている場合、ステータスは 同期です。

同期ステータスの下に、ファイルにアクセスするための3つのショートカットがメニューに表示されます。

同期フォルダを開く: サイトを選択して、ローカルの同期フォルダを開きます。

ウェブサイトの表示: ドキュメントとメディアアプリを含むLiferay DXPのページを表示するサイトを選択します。

最近のファイル: アクセスできるリポジトリーで最近作成および変更されたファイルをリストします。

2つ以上のLiferay DXPインスタンスと同期する場合、同期ステータスではなく、メニューの上部に同期が表示されます。 各インスタンスの上にマウスを置くと、そのインスタンスの同期ステータスとファイルショートカットのサブメニューが表示されます。

図2:複数のLiferay DXPインスタンスと同期する場合、同期はそれぞれのサブメニューを表示します。

最後に、同期するLiferay DXPインスタンスの数に関係なく、メニューには次の3つのオプションが一覧表示されます。

設定: Syncの設定を開きます。

ヘルプ: Syncのドキュメントを開きます。

終了: マシンの同期をシャットダウンします。

次に、Syncの設定を使用して、マシンでSyncがどのように機能するかを制御する方法を学習します。

同期設定の使用

同期の設定を使用して、同期するLiferay DXPインスタンスを追加/削除したり、接続設定を編集したり、同期の基本的な動作を制御したりできます。 タスクバー(Windows)またはメニューバー(Mac OS)の[同期]アイコンをクリックし、[ 設定]を選択して、同期の設定を開きます。 インスタンスアカウントの設定画面が表示されます。 これは PreferencesAccounts タブです。

図3:設定メニューのアカウントタブで、アカウントごとのサイトとの同期を管理できます。

[ アカウント ]タブには、次のオプションがあります。

アカウント: 同期するアカウント。 アカウントを選択すると、同期する権限のあるサイトが右側の Syncing Sites下に表示されます。 アカウントリストの下部にあるプラス、マイナス、鉛筆のアイコンを使用して、それぞれアカウントを追加、削除、または編集できます。 同期クライアントからアカウントを削除するときは、そのアカウントのローカルファイルとフォルダーも削除されるため、注意が必要です。 アカウントを追加すると、同期クライアントのセットアップに使用したのと同じ一連の手順を実行できます。 これに関する説明については、ここをクリック してください。

サイトの同期: 選択したアカウントで同期する権限があるサイト。 現在同期しているサイトは、 Selected Sites下に表示されます。 同期可能な他のサイトは、 Unselected Sites表示されます。 同期するサイトを変更するには、[ サイトの管理 ]ボタンをクリックします。 表示されるウィンドウで、同期するサイトを選択または選択解除できます。 このウィンドウは、最初にクライアントを構成したときに表示されたウィンドウと同じです。 ここをクリック 、手順2を参照してください。 サイトの選択を解除するときは注意してください。 サイトの選択を解除すると、マシン上のそのフォルダーが削除されます。

場所: 選択したアカウントのローカル同期フォルダーの場所。 このフォルダーの場所を変更するには、[ 変更 ]ボタンをクリックします。

[設定]メニューの[ General ]タブには、同期クライアントの一般的な動作に関する設定が含まれています。 次のオプションが一覧表示されます。

起動時にLiferay Syncを起動します マシンが起動するたびにSyncを自動的に起動します。

デスクトップ通知を表示: 同期されたファイルが変更されたときに、画面の隅に小さな通知を表示します。

更新を自動的に確認する: 新しいクライアントバージョンを自動的に確認します。 [ Check Now ]ボタンをクリックして、更新を手動で確認できます。

図4:設定メニューの全般タブには、同期の全般的な動作に関する設定が含まれています。

最後に、Preferencesメニューの Network タブは、SyncがLiferay DXPサーバーとデータを転送する方法を制御します。 次のオプションがあります。

ダウンロードレート: Syncがデータをダウンロードするレートを制限するには、[ Limit to を選択してから、レートを指定します。

アップロード速度: Syncがデータをアップロードする速度を制限するには、[ Limit to を選択してから、速度を指定します。

LAN同期を有効にする: サーバーからダウンロードする前に、同じローカルネットワーク上の他のデスクトップクライアントから更新をダウンロードするかどうか。 これにより、サーバーの負荷が軽減され、データ転送速度が向上します。 LAN同期は、管理者によってLiferay DXPインスタンスで有効にされている場合と、他のクライアントでのみ機能することに注意してください。

図5:設定メニューのネットワークタブには、同期のデータ転送動作の設定が含まれています。

Liferay DXP管理者がダウンロード/アップロード速度を制限することもできることに注意してください。 この場合、Liferay DXPの設定が優先されます。 たとえば、クライアントで5.0 MB / sのダウンロードレートを設定したが、Liferay DXPのダウンロード制限が2.0 MB / sである場合、後者が優先されます。 また、クライアントのレートはすべてのアカウントに適用されます。 たとえば、クライアントが3つのアカウントに接続し、そのダウンロード速度が5.0 MB /秒の場合、3つのアカウントすべてのダウンロード速度の合計が5.0 MB /秒を超えることはありません。

« デスクトップLiferay同期クライアントのインストールと構成ローカルのLiferay同期フォルダーの使用 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています