自動保存

自動保存

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

部分的に作成されたフォームの進行状況が失われるのは悪いことです。 フォームを作成するときは、作業内容を頻繁に保存してください。 ただし、作業内容を保存するのを忘れた場合は、Liferay Formsが役立ちます。

デフォルトでは、フォームは1分ごとに自動保存されます。 バックエンドがフォームを自動保存している間、フォームビルダーには何も表示されません。 自動保存時間は、 コントロールパネル構成システム設定フォーム (コンテンツセクション)で変更できます。 自動保存を無効にするには、間隔を 0設定します。

非公開フォームの場合、自動保存は手動保存と同じように機能します。 ただし、発行されたフォームの場合、自動保存されたデータは自動的にフォームに反映されません。 変更を公開するには、フォームビルダーの[ 保存 ]ボタンをクリックする必要があります。

図1:自動保存期間を構成します。

« データプロバイダーフォームの翻訳 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています