Amazon Simple Storage Serviceの使用

AmazonのSimple Storage Service(S3)は、ドキュメントとメディアに使用できるクラウドベースのストレージソリューションです。必要なのはアカウントだけで、ドキュメントをすべてのノードからクラウドにシームレスに保存できます。

サービスにサインアップするとき、Amazonからアカウントにリンクする固有のキーが割り当てられます。Amazonのインターフェースでは、リージョン別に最適化されたデータの「バケット」が作成できます。

ファイルストレージでS3アカウントを使用するようにLiferay DXPを設定する手順は次のとおりです。

  1. Amazon S3が作動するには、アプリケーションサーバーからのSAXParserが必要です。Apache Tomcatのようなアプリケーションサーバーを使用している場合は、このプロパティをsystem-ext.propertiesファイルに含める必要があります。

    org.xml.sax.driver=com.sun.org.apache.xerces.internal.parsers.SAXParser
    
  2. system-ext.propertiesファイルをLiferay DXPインストールのクラスパスにあるフォルダに置いてください(例:/WEB-INF/classes/)。

  3. Liferay Homeフォルダのportal-ext.propertiesファイルに、以下のプロパティを設定します。

    dl.store.impl=com.liferay.portal.store.s3.S3Store
    
  4. Liferay DXPを再起動します。

  5. コントロールパネルから、[設定][システム設定] → *[ファイルストレージ]*へ移動します。

  6. S3ストア設定画面で、ストアを設定します。

Liferay DXPインスタンスは、Amazon S3ストアを使用しています。

クラスター内でS3ストアを使用するには、次の手順に従います。

  1. S3ストア設定画面から.configファイルに設定をエクスポートします。

  2. .configファイルを各ノードの[Liferay Home]/osgi/configsフォルダにコピーします。

  3. portal-ext.propertiesを各ノードのLiferay Homeフォルダにコピーします。

  4. system-ext.properties(使用している場合は)を各ノードのアプリケーションサーバークラスパス内にあるフォルダにコピーします。

  5. ノードでLiferay DXPを再起動します。

Liferay DXPは、クラスター全体でAmazon S3ストアを使用しています。

Amazonのサービスの使用に関する追加情報については、Amazon Simple Storageのドキュメントを参照してください。

« Advanced File System Store の使用CMISストアの使用 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています