Liferay DXPへのログイン

セキュリティシステムの主な機能の1つは、ページ、コンテンツ、およびWebアプリケーションに適切なユーザーだけがアクセスできるようにすることです。例えば、大学のポータルにログインしている学生が教授と同じリソースにアクセスできないようにします。そして、医療ポータルにログインしている患者が医者のリソースにアクセスできないようにします。一部のコンテンツ(少なくともログインページ)は、認証されていないユーザー(ゲストユーザーと呼ばれる)を含むすべてのユーザーが利用できるようにする必要があります。

認証タイプ

認証タイプは3つあります。Emailアドレス、スクリーンネーム、またはユーザーIDです。認証タイプを選択するには、[コントロールパネル]へ行き、[設定][インスタンス設定] → *[認証]をクリックして、[ユーザーの認証方法]*というセレクタを使用し、選択を行います。あるいは、portal-ext.propertiesファイルに以下の行を追加し 、適切な行のコメントを外し、他の行をコメントアウトして、サーバーを再起動します。

company.security.auth.type=emailAddress
#company.security.auth.type=screenName
#company.security.auth.type=userId

デフォルトの認証タイプはEmailアドレスによるものですが、代わりにスクリーンネームやユーザーIDを選択することもできます。ユーザーが自分のアカウントを作成する時は、スクリーンネームは自分で選択、あるいは管理者の方で選択できます。アカウント作成時に、ユーザーIDは自動作成されます。どの認証タイプが設定されているかにかかわらず、ユーザーは常にパスワードを入力する必要があります。

サインインポートレット

サインインポートレットは、ユーザーのログイン方法です。デフォルトでは、サインインポートレットは新しいアカウントを作成したり、パスワードのリセットを要求したりできます。デフォルトのホームページにはサインインポートレットが含まれています。 このページには、http://localhost:8080/web/guest/homeからアクセスできます 。

図1:デフォルトでは、サインインポートレットにより、ユーザーはログイン、新規アカウントの作成、またはパスワードのリセットを要求できます。

サインインポートレットがどのページにも表示されない場合は、ここからアクセスできます。

デフォルトでは、ゲストユーザーはサインインポートレットの*[アカウント作成]リンクをクリックしてフォームに入力し、送信することでアカウントを作成できます。ユーザーがすでにアカウントを持っていて、パスワードを忘れてしまった場合、ユーザーは[パスワードをお忘れですか?]のリンクをクリックして、パスワードのリセットを要求できます。[アカウント作成]フォームと[パスワードをお忘れですか?]フォームの両方に、CAPTCHAベースのテキスト認証フィールドがあります。CAPTCHAを使用すると、ボットがフォームを送信できなくなります。CAPTCHAの代わりに、reCAPTCHAを使用できます。reCAPTCHAの利点の1つは、視覚障害のあるユーザーがテストに合格できることです。reCAPTCHAを使用するには、[コントロールパネル]へ行き、[設定]* → [システム設定][CAPTCHA] の順にクリックします。

ユースケースによっては、すべてのユーザーアカウントを管理者が作成する必要があります。 ゲストユーザーが新しいユーザーアカウントを作成できないようにするには、[コントロールパネル]へ行き、[設定][インスタンス設定] → *[認証]とクリックし、[アカウント作成を許可しますか?]*のボックスからチェックを外します。適切なチェックボックスをオフにすることで、ユーザーが忘れたパスワードを要求したり、パスワードのリセットリンクを要求したりすることを防ぐこともできます。

図2:これは、*アカウントの作成およびパスワードをお忘れですか?*のオプションを削除したサインインポートレットの図です。

サインインポートレットは、ユーザーがログインするためのデフォルトの方法ですが、唯一の方法というわけではありません。ユーザーアカウントは、LDAPディレクトリからインポートおよびエクスポートすることができます。シングルサインオン(SSO)ソリューションまたはトークンベースの認証を使用できます。これにより、リモートWebアプリケーションが認証を受けることができます。詳細については、このセクションの他の記事を参照してください。最後に、ユーザー認証とリモートアプリケーションの認証メカニズムは拡張可能であることに注意してください 。

« SAMLの設定方法サービスアクセスポリシー »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています