新しいSharePointリポジトリ構成の作成

新しいSharePointリポジトリ構成の作成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

リモートSharePointサーバーに接続するには、リポジトリー構成を作成する必要があります。

  1. Liferay DXPインスタンス内で、コントロールパネルを開き、 設定システム設定コラボレーションSharepoint OAuth2ます。

    図1:* Sharepoint OAuth2 *システム設定を使用して、新しいSharePointリポジトリ構成を作成します。

  2. Add アイコン(Add)をクリックして、新しい構成の作成を開始します。

  3. 新しいリポジトリフォームで、次のフィールドの値を指定します(SharePoint管理者がこの情報を提供できます)。

    名前: 構成の名前。

    許可付与エンドポイント: OAuth2許可付与の要求に使用されるURL。 SharePoint Onlineでは、URLは次のパターンに従います: https://[your-site-name]/sharepoint.com/_layouts/oauthauthorize.aspx

    認証トークンエンドポイント: ACS URL。 Azure ACSを使用したSharePoint Onlineでは、URLは次のパターンに従います: https://accounts.accesscontrol.windows.net/[App ID] / tokens / OAuth / 2

    クライアントID: クライアントID。

    クライアントシークレット: クライアントシークレット。

    スコープ: トークンに必要な権限セット。 有効なスコープは、アプリのSharePoint登録時に構成されます。

    テナントID: テナントID。 SharePoint Onlineを使用している場合は、 承認トークンエンドポイント埋め込んだのと同じアプリIDを使用できます。

    サイトドメイン: アプリケーション用に登録されたサイトドメイン。

    リソース: この値は、使用するACSサービスによって異なります。 Azure ACSを使用したSharePoint Onlineでは、値は次のパターンに従います: 00000003-0000-0ff1-ce00-000000000000 /[your-site-name].sharepoint.com @ [tenant ID]

    図2:新しいリポジトリフォームでは、リモートSharePointサーバーへのアクセスを指定します。

  4. [ 保存クリックします。

驚くばかり\! SharePointリポジトリが構成されたので、Liferay DXPのドキュメントとメディアライブラリにマウントできます。

« SharePointアプリケーションの作成SharePointドキュメントとメディアリポジトリの追加 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています