Liferayスキーマエンコーディング

Liferayスキーマのエンコードは、常にデータベースで使用されているエンコードと一致している必要があります。 これを行う最も簡単な方法の1つは、問題が発生しないように、全面的にUTF-8を使用することです。

解決

国際文字またはアクセント付きの文字を使用する場合、これらの文字をデータベースから読み取るときに、他のエンコードで問題が発生する可能性があります。 したがって、国際化にはUTF-8を使用することをお勧めします。 ISOエンコーディングを使用する場合は、英語の西洋文字のみが使用されていることを確認してください(つまり、アクセントは使用できません)。

エンコーディングがUTF-8のままであることを確実にするために、データベースを最初に設定するときは、非常に具体的にしてください。 そうでない場合、将来的に国際化が必要になると、データ変換が必要になることがあります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています