Weblogic 11gでLiferayポータル6.2を設定する

このガイドは、WebLogic 11g(10.3.6)のセットアップを支援するためのものです。

決議

必要な.jarファイルを取得します。

  1. serializer.jarとxalan.jarを[$build]/lib/portalからコピーします。
  2. Liferay Portal 6.2 EEの.warファイルを入手します。
  3. Liferayの依存関係を取得します。

portal-ext.propertiesを設定します。

  1. portal-ext.propertiesで、データベースとしてMySQLを設定します。 下
  2. Liferay Homeフォルダのディレクトリを設定します。 WebLogicではこのファイルは作成されないので、手動で作成してください。 ベストプラクティスとして、このファイルをC:\フォルダに作成し、名前を「Home」とします。 Portal-ext.properties に Liferay Home フォルダが設定されていない限り、WebLogic はフォルダをホットデプロイしないので、これは重要です。
  3. すべてが追加されると、portal-ext.propertiesファイルは以下のようになるはずです。
    plugin.notifications.enabled=false
    
    	jdbc.default.jndi.name=jdbc.default.driverClassName=com.mysql.jdbc.Driver
    	
    	jdbc.default.url=jdbc:mysql:localhost/lportal?useUnicode=true&characterEncoding=UTF-8&useFastDateParsing=false
    	
    	jdbc.default.username=[whatever you want]
    	
    	jdbc.default.password=[whatever you want]
    	
    	liferay.home=
    	
    
  4. portal-ext.propertiesをLiferay.warファイル内に配置します。

WebLogicのセットアップ

  1. WebLogic Server 構成ウィザードを起動します。
  2. 新しいWebLogicドメインを作成する
    • 自動的に設定されたドメインを生成する
    • ほとんどのデフォルトのままにしておきます。
    • パスワード欄にパスワード1を入力します。
    • その他のJDKにフラグを付け、以前にインストールされたJDKを選択します。
  3. jdk/jre/libフォルダに移動し、"endorsed "という名前のフォルダを作成します。
  4. このフォルダ内に serializer.jar と xalan.jar ファイルを配置します。
  5. C:/Oracle/Middleware/user_projects/domains/base_domain/bin に移動します。
    • setDomainEnv.cmdファイルを開きます。
    • セット "MEM_MAX_PERM_SIZE_32BIT=-XX:MaxPermSize=128m "を探して、セット "MEM_MAX_PERM_SIZE_32BIT=-XX:MaxPermSize=256m "に置き換えます。
    • セット "WLS_MEM_ARGS_32BIT=-Xms256m -Xmx512m "を検索し、セット "WLS_MEM_ARGS_32BIT=-Xms256m -Xmx1024m "に置き換えます。

      注:2つありますが、両方とも変更してください。

    • デフォルトのJDK 1.6.29から新しいバージョンのJDKに変更します。 注意: JDKへのファイルパスにはスペースを含めてはいけません。
  6. Place from dependencies folder from files from the dependencies folder into C:OlloneOracle\Middleware\user_projects\domains\base_domainlib\\ext. それが既に存在しない場合は、「\ext」フォルダを作成します。
    • hsql.jar
    • ポータルサービス.jar
    • ポートレットジャー

WebLogicのセットアップ

  1. WebLogic Server Domainを起動するには2つの方法があります。
    1. 最初の方法はコマンドコンソールからです。 1. C:\oracle\middleware\user_projects\domains\base_domain\bin 2 に行きます。 startWebLogic.cmdを入力します。
    2. もう一つの方法は、Windowsのスタートメニュー1からです。 プログラム> Oracle WebLogic> ユーザー・プロジェクト> base_domains> 管理サーバーの起動
  2. ブラウザを開き、[IPアドレス]:7001/consoleにアクセスします。
  3. WebLogic」としてログインし、先ほど設定したパスワードを入力します。
  4. デプロイメントをクリックします。
  5. コンソールでインストールをクリックし、liferay.warファイルを選択します。 プロンプトが表示されたら、"Install this deployment as an application "にチェックを入れます。
  6. DDのみ」にチェックを入れます。配置記述子で定義されているロールとポリシーのみを使用します。"
  7. 次の場所からデプロイメントにアクセスできるようにします」にチェックを入れます。
  8. インストールを終了します。
  9. .warファイルが読み込まれたら、[保存]をクリックします。

以下は、WebLogic 10.3.6でLiferay Portalをセットアップする手順です。 ユーザーがこれらの手順を完了すると、Liferay Portalをデプロイする準備が整います。

追加情報

weblogic.xml ファイルに変更がありました。 10.3.2 と互換性がない prefer-application-packages が含まれています。 Weblogic 10.3.2では、追加の設定が必要です。 ここに記載されている手順に従ってください。 Weblogic 10.3.2上のポータル

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています