Liferayポータル6.1 EE GA3の既知の問題

この記事はレガシー記事です。 これは、Liferay製品の以前のバージョンに適用されます。 記事はもうメンテナンスされていませんが、情報はまだ適用できる場合があります。

以下は、Liferay Portal 6.1 EE GA3に関連する既知の問題のリストです。

解決

Liferayポータル6.1。 EE GA3には、以下の既知の問題が含まれています。

  1. PACL(Portal Access Control List)はアップグレード時に問題を引き起こす可能性があります
    • これを回避するには、アップグレード時にPACLをオフにします(portal-ext.propertiesで「portal.security.manager.strategy = none」を設定します)
    • この問題は、今後のフィックスパックで修正されます
  2. DB2データベースではステージングが機能しない
    • この問題は、今後のフィックスパックで修正されます
  3. アップグレードまたはデータベースの新規起動時にスローされるエラー:テーブル 'DATABASE.portalpreferences'は存在しません
    • このメッセージは、アップグレードまたはデータベースの作成前の構成を持たないPDFコンバーターの初期化によって生成されます。
    • メッセージは無視しても安全です。
  4. JDK5およびWebsphere 6.1はLiferay 6.1 EE GA3ではサポートされていません
  5. エラーを引き起こすcreate-*。sqlスクリプトによるサンプルデータの作成
    • ORA-01452:UNIQUE INDEXを作成できません。重複するキーが見つかりました
    • これは、レイアウト(uuid_、groupId)インデックスの重複キーが原因です。
    • この問題を回避するには、空のデータベースでポータルを起動します。 これにより、デフォルトのデータが自動的に正しく入力されます。
    • このオプションを使用できない場合は、「create-minimal.sql」スクリプトを使用してください。 これは正しく機能しています(ただし、サンプルデータは作成されません)。
  6. Marketplaceのポートレットのダウンロードリンクは、大規模なポートレット(例えばKALEO)のために働いていません
    • この問題は、GA3でdl.file.max.sizeをチェックする方法が原因で発生します(デフォルトは3 MB)。
    • 回避策:
    1. サーバー管理に移動
    2. クリック ファイルアップロードタブ、
    3. ドキュメントとメディアの最大ファイルサイズを変更する(たとえば、最後にゼロを追加する)
    • 変更を保存すると、ポートレットは適切にデプロイされます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています