tcサーバー2.9.3でLiferayポータルを設定する

このガイドでは、tc Server 2.9.3の設定方法を説明します。

決議

  1. という名前の tc Server の zip ファイルをダウンロードします。 vfabric-tc-server-standard-2.9.3.RELEASE.zip。という名前の
  2. コマンドプロンプトを開き、 /.../vfabric-tc-server-standard-2.9.3.RELEASE. この場所は、 {tc Server Home}と短縮されます。
  3. コマンドを実行します。 mkdir serversを実行してください。
  4. コマンドを実行します。 tcruntime-instance.bat|sh create -i servers lp-serverを実行してください。
  5. {tc Server Home}/servers/lp-server/confに移動します。 **wrapper.conf** ファイルを開いてください。
  6. '-Xmx'1024m に変更してください wrapper.java.addition.8 .
  7. 変更点 `-Xss` から 512k への変更 wrapper.java.addition.9 .
  8. 追加 wrapper.java.additional.10="-XX:MaxPermSize=256m".
  9. 追加 wrapper.java.additional.11="-Dfile.encoding=UTF-8".
  10. 保存してファイルを閉じます。
  11. {tc Server Home}/servers/lp-server/confに、 **Catalina**という名前の新しいフォルダを作成します。
  12. {tc Server Home}/servers/lp-server/conf/Catalinaに、 localhostという名前の新しいフォルダを作成します。 {tc Server Home}/servers/lp-server/conf/Catalina/localhostに、新しいファイル ROOT.xml を作成します。
  13. ROOT.xmlに、以下のように入力します。
    <Context path="" crossContext="true">
    
    			<!-- JAAS -->
    
    			<!--<Realm className="org.apache.catalina.realm.JAASRealm"
    			appName="PortalRealm"
    			userClassNames="com.liferay.portal.kernel.security.jaas.PortalPrincipal"
                roleClassNames="com.liferay.portal.kernel.security.jaas.PortalRole" />-->
    
    			<!-- Uncomment the following to disable persistent sessions across reboots. -->
    
               <!-- Uncomment the following to not use sessions. See the property "session.disabled" in portal.properties. -->
    
              <!-- <Manager className="com.liferay.support.tomcat.session.SessionLessManagerBase" /> -->
    </Context> 			
    
  14. {tc Server Home}/servers/lp-server/conf フォルダ内の server.xml ファイルを開きます。
  15. Connectorプロパティに URIEncoding="UTF-8" を追加すると、次のようになります。
    <Connector acceptCount="100"
               connectionTimeout="20000"
               executor="tomcatThreadPool"
               maxKeepAliveRequests="15"
               port="${bio.http.port}"
               protocol="org.apache.coyote.http11.Http11Protocol"
               redirectPort="${bio.https.port}"
    	   URIEncoding="UTF-8"/>
    
  16. 依存関係が'lib/ext'フォルダにデプロイされるTomcatとは異なり、tc Serverの依存関係は'lib'フォルダに直接デプロイされます。 すべての を以下の.jarにコピーします。
    • activation.jar
    • ccpp.jar
    • hsql.jar
    • jta.jar
    • jutf7.jar
    • mail.jar
    • mysql.jar
    • persistence.jar
    • portal-service.jar
    • portlet.jar
    • postgresql.jar
    • script-10.jar
  17. 次に、 {tc Server Home}/servers/lp-server/bin/setenv.bat|setenv.shを設定します。 このプロパティをファイルの最後に追加します。 set JVM_OPTS=-Dfile.encoding=UTF-8 -Xmx1024M -Xss512K -XX:MaxPermSize=512m
  18. これでポータルを展開する準備が整いました。 {tc Server Home}/servers/lp-server/webapps/ROOTに移動します。 このフォルダ内のデフォルトのコンテンツを削除します。 ここでLiferayの.warファイルを解凍します。 .war ファイルはパッケージャーからでも、ソースフォルダ内の **ant -f build-dist.xml zip-portal-war** を実行することでも入手できることに注意してください。
  19. portal-ext.propertiesを {tc Server Home}/servers フォルダ内の /lp-server に並列に設定します。 portal-ext.propertiesをMySQL上で実行するように設定します。
  20. portal-ext.propertiesで起動ウィザードを有効または無効にします。
  21. /bin フォルダで、以下のように入力します。 tcruntime-ctl.bat run |./ttcruntime-ctl.sh runと入力してください。
  22. シャットダウンするには、CTRL Cで十分です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています