ファイル、フォルダー、およびショートカットの作成

ファイル、フォルダー、およびショートカットの作成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

APIの主な使用例は、ドキュメントとメディアライブラリにファイル、フォルダー、およびファイルショートカットを作成することです。

他のLiferay APIを使用したことがある場合、Docs & Media APIも同じ規則に従います。 一般に、同様のことを行うメソッドは、同様の名前を持つ傾向があります。 エンティティを作成する必要がある場合(それが何であれ)、パターン add[ModelName]に従うメソッドを探します。ここで、 [ModelName] はエンティティのデータモデルオブジェクトの名前です。 入門チュートリアル 説明しているように、 DLAppService を使用してAPIにアクセスします。 このサービスオブジェクトには、エンティティを追加するための次のメソッドが含まれています。

  • addFileEntry:ファイルを追加します。
  • addFolder:フォルダーを追加します。
  • addFileShortcut:ファイルにショートカットを追加します。

以下のチュートリアルでは、これらの方法の使用方法を示します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています