Liferay画面用のAndroidプロジェクトの準備

Liferay画面用のAndroidプロジェクトの準備

ファストトラック記事は、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay Screensを使用するには、Androidプロジェクトにインストールし、Liferay DXPインスタンスと通信するように設定する必要があります。 ScreensはjCenterでホストされる AAR ファイルとしてリリースされることに注意してください。

Screensをインストールするには、3つの異なる方法があります。 このチュートリアルでは、それぞれを示します。

  1. Gradleの場合:Gradleは、Android StudioがAndroidプロジェクトをビルドするために使用するビルドシステムです。 したがって、Screensのインストールに使用することをお勧めします。
  2. Mavenを使用
  3. 手動で

必要条件

Liferay Screens for Androidには、コンポーネントライブラリ(スクリーンレット)とサンプルプロジェクトが含まれています。 次のソフトウェアが必要です。

Liferay Screens for Androidは、内部で EventBus 使用し

JSON Webサービスの保護

Liferay Screensの各スクリーンレットは、1つ以上のLiferay DXPのJSON Webサービスを呼び出します。これらはデフォルトで有効になっています。 Screenlet リファレンスドキュメント は、各Screenletが呼び出すWebサービスがリストされています。 スクリーンレットを使用するには、ポータルでそのWebサービスを有効にする必要があります。 ただし、使用していないスクリーンレットに必要なWebサービスを無効にすることは可能です。 この手順については、チュートリアル JSON Webサービスの設定参照してください。 サービスアクセスポリシー を使用して、アクセス可能なサービスをより詳細に制御することもできます。

Gradleを使用してLiferayスクリーンをインストールする

Gradleを使用してAndroid StudioプロジェクトにLiferay Screensをインストールするには、アプリの build.gradle ファイルを編集する必要があります。 プロジェクトには2つの build.gradle ファイルがあることに注意してください。1つはプロジェクト用で、もう1つはアプリモジュール用です。 これらは、Android StudioプロジェクトのGradleスクリプトの下にあります。 このスクリーンショットは、アプリモジュールの build.gradle ファイルを強調しています:

図1:アプリモジュールの build.gradle ファイル。

appモジュールの build.gradle ファイルで、 依存関係 要素内に次のコード行を追加します。

implementation 'com.liferay.mobile:liferay-screens:+'

+ 記号は、Gradleに最新バージョンのScreensをインストールするよう指示することに注意してください。 アプリが特定のバージョンのスクリーンに依存している場合、 + 記号をそのバージョンに置き換えることができます。

上記の行を追加する場所がわからない場合は、次のスクリーンショットを参照してください。

あなたの編集いったん build.gradle、メッセージはあなたに尋ねたファイルの最上部に表示される 同期 そのGradleのファイルを使用してアプリケーションを。 Gradleファイルの同期には、ファイルに加えた変更が組み込まれます。 同期すると、追加したLiferay Screens依存関係など、新しい依存関係もダウンロードおよびインストールされます。 メッセージの Sync Now リンクをクリックして、Gradleファイルを今すぐ同期します。 次のスクリーンショットは、編集された build.gradle ファイルの上部を示しており、[今すぐ同期]リンクが赤いボックスで強調表示されています。

図2:アプリモジュールの build.gradle ファイルを編集した後、今すぐ同期をクリックして、アプリに変更を反映します。

競合の場合は APPCOMPAT-V7 またはその他のサポートライブラリ(com.android.support:appcompat-v7com.android.support:support-v4)、あなたはいくつかのオプションがあります。

  • 使用する競合ライブラリのバージョンを明示的に追加します。 たとえば、

    implementation 'com.android.support:design:27.0.2'
    implementation 'com.android.support:support-media-compat:27.0.2'
    implementation 'com.android.support:exifinterface:27.0.2'
    
  • プロジェクトから com.android.support:appcompat-v7 依存関係を削除し、Liferay Screensに埋め込まれた依存関係を使用します。

  • Liferay Screensから問題のあるライブラリを除外します。 たとえば、

    implementation ('com.liferay.mobile:liferay-screens:+') {
        exclude group: 'com.android.support:', module: 'design'
    }
    
  • 次のようなコメントを追加して、検査を無視します。

    //noinspection GradleCompatible
    
  • 警告を無視-Liferay Screensは問題なく動作します。

Gradleを使用してScreensをインストールすることを強くお勧めしますが、次のセクションではMavenでScreensをインストールする方法を示します。

Mavenを使用してLiferay画面をインストールする

Gradleを使用してScreensをインストールすることを強くお勧めします。 ただし、Mavenを使用してScreensをインストールすることは可能です。 MavenプロジェクトでLiferay画面を構成するには、次の手順に従います。

  1. pom.xml次の依存関係を追加します`
     
         com.liferay.mobile
         liferay-screens
         LATEST
     
`
  1. Mavenの更新を強制して、すべての依存関係をダウンロードします。

Mavenがアーティファクトを自動的に見つけられない場合、jCenterをMaven設定(たとえば、 .m2 / settings.xml ファイル)に新しいリポジトリとして追加する必要があります。

<profiles>
    <profile>
        <repositories>
            <repository>
                <id>bintray-liferay-liferay-mobile</id>
                <name>bintray</name>
                <url>http://dl.bintray.com/liferay/liferay-mobile</url>
            </repository>
        </repositories>
        <pluginRepositories>
            <pluginRepository>
                <id>bintray-liferay-liferay-mobile</id>
                <name>bintray-plugins</name>
                <url>http://dl.bintray.com/liferay/liferay-mobile</url>
            </pluginRepository>
        </pluginRepositories>
        <id>bintray</id>
    </profile>
</profiles>
<activeProfiles>
    <activeProfile>bintray</activeProfile>
</activeProfiles>

よくやった\!

Gradleでの手動構成

Gradleを使用してScreensを自動的にインストールすることを強くお勧めしますが、Gradleを使用してScreensを手動でインストールすることもできます。 次の手順に従って、Gradleを使用してAndroidプロジェクトにScreensとその依存関係を手動でインストールします。

  1. Android向けLiferay Screensの最新バージョンをダウンロード

  2. Android / library のコンテンツをプロジェクト外のフォルダーにコピーします。

  3. プロジェクトで、ライブラリフォルダーへのパスを使用して settings.gradle ファイルを構成します。

     include ':core'
     project(':core').projectDir = new File(settingsDir, '../../library/core')
     project(':core').name = 'liferay-screens'
    
  4. build.gradle ファイルに必要な依存関係を含めます。

     implementation project(':liferay-screens')
    

.aar バイナリファイル( Android / dist)をローカル .aar ファイル依存関係として構成することもできます。 jCenterから必要なファイルをすべてダウンロードできます。

構成を確認するには、空のアクティビティをコンパイルして実行し、Liferay Screensクラス(Login Screenletなど)をインポートします。

次に、Liferay DXPとの通信を設定します。

Liferay DXPとの通信の構成

Liferay Screensを使用する前に、Liferay DXPインスタンスと通信するように設定する必要があります。 これを行うには、スクリーンに次の情報を提供する必要があります。

  • Liferay DXPインスタンスのID

  • アプリが通信する必要があるサイトのID

  • Liferay DXPインスタンスのバージョン

  • 特定のスクリーンレットに必要なその他の情報

幸いなことに、これは簡単です。 Androidプロジェクトの res / values フォルダーに、 server_context.xmlという新しいファイルを作成します。 新しいファイルに次のコードを追加します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>

    <!-- Change these values for your Liferay DXP installation -->

    <string name="liferay_server">http://10.0.2.2:8080</string>

    <string name="liferay_company_id">10155</string>
    <string name="liferay_group_id">10182</string>

    <integer name="liferay_portal_version">71</integer>

</resources>

上記のコメントが示すように、Liferay DXPインスタンスに一致するようにこれらの値を変更してください。 サーバーアドレス http://10.0.2.2:8080 は、エミュレータを介した localhost:8080 に対応するため、Android Studioのエミュレータでのテストに適しています。 ただし、Genymotionエミュレータを使用している場合は、 localhost代わりにアドレス 192.168.56.1 使用する必要があります。

liferay_company_id 値は、Liferay DXPインスタンスのIDです。 Liferay DXPインスタンスの コントロールパネル構成仮想インスタンスます。 インスタンスのIDは、 インスタンスID 列にあります。 この値をコピーして、 server_context.xml``liferay_company_id 値に貼り付けます。

liferay_group_id 値は、アプリが通信する必要があるサイトのIDです。 この値を見つけるには、まずアプリと通信するLiferay DXPインスタンスのサイトに移動します。 Site Administration メニューで、 ConfigurationSite Settings選択します。 サイトIDは、 General タブの上部にリストされています。 この値をコピーして、 server_context.xml``liferay_group_id 値に貼り付けます。

liferay_portal_version71 は、Liferay CE Portal 7.1またはLiferay DXP 7.1インスタンスと通信していることをScreensに伝えます。 サポートされている liferay_portal_version 値と、それらに対応するポータルバージョンは次のとおりです。

  • 71:Liferay CEポータル7.1またはLiferay DXP 7.1
  • 70:Liferay CE Portal 7.0またはLiferay DXP 7.0
  • 62:Liferay Portal 6.2 CE / EE

server_context.xml ファイルでScreenletプロパティを構成することもできます。 以下にリストされているプロパティ例、 liferay_recordset_id および liferay_recordset_fieldsは、DDLフォームスクリーンレットおよびDDLリストスクリーンレットがLiferay DXPインスタンスのDDLと対話できるようにします。 追加の例 server_context.xml file hereを見ることができます。

<!-- Change these values for your Liferay DXP installation -->

<string name="liferay_recordset_id">20935</string>
<string name="liferay_recordset_fields">Title</string>

スーパー\! Liferay ScreensのAndroidプロジェクトの準備が整いました。

サンプルアプリ

Screensを使用してアプリを開発するときに、それを使用するアプリの例を参照することもできます。 次の2つのデモアプリケーションを使用できます。

  • test-app:現在利用可能なすべてのスクリーンレットを含むショーケースアプリ。
  • Westeros Bank:スクリーンレットを使用して、 Westeros Bank技術的な問題を管理するサンプルアプリ。 Google Playでも利用可能です。

すばらしいです\! これで、スクリーンを使用する準備ができました。 次のチュートリアルは、これを行う方法を示しています。

関連トピック

Androidアプリでスクリーンレットを使用する

Androidスクリーンレットでビューを使用する

Liferayスクリーン用のiOSプロジェクトの準備

« Liferayスクリーンを備えたAndroidアプリAndroidアプリでスクリーンレットを使用する »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています