ビューをパッケージ化する

ビューをパッケージ化する

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ビューを配布または再利用する場合は、ビューをモジュールにパッケージ化してから、アプリのプロジェクト依存関係として追加する必要があります。 これを行うには、新しい build.gradle ファイルのテンプレートとして material サブプロジェクトを使用します。

パッケージ化されたビューを使用するには、 settings.gradle ファイルで場所を指定して、モジュールをプロジェクトにインポートする必要があります。 Bank of Westerosおよびtest-appプロジェクトは、それぞれカスタムビュー westeros および materialを使用します。 これらのプロジェクトは、プロジェクト内の独立したビューを使用した例です。

ビューを再配布し、他のユーザーがそれを使用できるようにする場合は、jCenterまたはMaven Centralにアップロードできます。 サンプルの build.gradle ファイルでは、bintray apiキーを入力した後、 gradlew bintrayupload を実行してプロジェクトをjCenterにアップロードできます。 終了したら、リポジトリ、アーティファクト、グループID、バージョンをGradleファイルに追加することで、Androidの依存関係と同様に誰でもビューを使用できます。

関連トピック

Androidビューの作成

« 全景オフラインモードのサポート »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています