全景

全景

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

フルビューには、一意のScreenletクラス、Viewクラス、およびレイアウトXMLファイルがあります。 スタンドアロンであり、どのビューからも継承しません。 ニーズを満たすために拡張できる他のビューがない場合、またはリスナーをカスタマイズするか、カスタムインタラクターを呼び出すことによってのみスクリーンレットの動作を拡張できる場合は、フルビューを作成する必要があります。 フルビューを作成するには、そのScreenletクラス、Viewクラス、およびレイアウトXMLファイルを作成する必要があります。 ここでのログインスクリーンレットの完全なビューの例は、ユーザー名に対して単一の EditText コンポーネントを示しています。 パスワードには、 Secure.ANDROID_ID使用します。 画面のテストのApp 用途 本フルビュー

次の手順に従って、フルビューを作成できます。

  1. 新しいレイアウトXMLファイルを作成し、その中にUIを構築します。 UIの構築を開始する良い方法は、別のビューのレイアウトXMLファイルを複製し、テンプレートとして使用することです。 レイアウトのXMLファイルには、ビューのスクリーンレットと使用目的の名前を付けます。 カスタムビューの完全修飾クラス名に基づいてルート要素に名前を付けます(次に作成します)。

    ログインスクリーンレット用のテストアプリのフルビューレイアウトXMLファイルは、 login_full.xmlと呼ばれ

。 LongScreenletのデフォルトビューファイル login_default.xmlからコピーされた EditText および Button 要素を指定します。

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <com.your.package.LoginFullView
            xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:orientation="vertical">
   
    <EditText
            android:id="@+id/liferay_login"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:layout_marginBottom="20dp"
            android:hint="Email Address"
            android:inputType="textEmailAddress"/>
   
    <Button
            android:id="@+id/liferay_login_button"
            android:layout_width="match_parent"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="Sign In"/>
   
    </com.your.package.LoginFullView>
   </li> 

2 レイアウトのルート要素にちなんだ名前の新しいカスタムビュークラスを作成します。 アンドロイドのscreenlets作成のチュートリアルでは、方法について説明します Viewクラスの作成。 View Modelインターフェイスを実装するためにViewクラスを拡張する必要はありませんが、便利な場合があります。 たとえば、カスタムビュークラス LoginFullViewは、Default LoginView クラスを拡張することにより、 LoginViewModel インターフェースを実装します。 ANDROID_IDを返すために、 LoginFullView カスタムビュークラスは getPassword() メソッドをオーバーライドします。

3 基本Screenletクラスを継承する新しいScreenletクラスを作成します。 この新しいクラスでは、リスナーにカスタム動作を追加したり、カスタムインターアクターを呼び出したりできます。 たとえば、Screenletクラス LoginFullScreenletLoginScreenlet を拡張し、 onUserAction メソッドをオーバーライドして、Interactor呼び出しをログに記録します。

4 新しいレイアウトの名前を liferay:layoutId 属性の値として使用して、アクティビティまたはフラグメントのいずれかにビューのスクリーンレットを挿入します。 たとえば、新しい login_password レイアウトを使用するには、アクティビティまたはフラグメントに LoginScreenlet を挿入し、 liferay:layoutId = "@ layout / login_password"ます。

サインアップスクリーンレット の Westerosビューセットのフルビューは、 カスタムスクリーンレットクラス を使用して 新しいリスナーを追加します。 カスタムScreenletクラスは、ベースInteractor SignUpInteractorを呼び出す新しいユーザーアクションも追加します。

関連トピック

テーマ別のビュー

子ビュー

拡張ビュー

ビューをパッケージ化する

« 拡張ビュービューをパッケージ化する »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています