ドキュメントおよびメディア リポジトリのサンプル ドキュメント タイプの削除

説明

この記事では、「ドキュメントとメディア」ポートレットからデフォルトの「ドキュメントの種類」を削除する方法を説明します。 これらのサンプル・ドキュメント・タイプは、Liferay DXP 7.0を初めて起動したときに作成されます。 これらは、ドキュメントの作成者やレビュアーがドキュメントとメディアのリポジトリ内の各ドキュメントの特定のメタデータフィールドを活用できるようにするために存在しています。 例えば、 契約書 文書タイプでは、法務審査官や発効日などのカスタマイズされたフィールドが用意されています。

サイト管理者がサンプルデータを削除して、必要なデータだけを残しておきたい場合に利用します。 サンプルのドキュメントタイプは正常に削除することができますが、ドキュメントタイプ自体は次回アプリケーションサーバを再起動したときに常に再作成されます。

決議

プラットフォームを起動するたびにデフォルトのドキュメントタイプが再作成されないようにする方法があります。

  1. まず、不要なドキュメントタイプをすべて削除します。
    1. コントロールパネル → コンテンツ :→ ドキュメントとメディア に移動 .
    2. 右上の 3ドットアイコン →文書の種類をクリックします。
    3. の3ドットアイコンをクリック →を削除 .
  2. 次に、 コントロールパネル→設定→システム設定に移動します。
  3. コラボレーション タブをクリックします。
  4. ドキュメント & メディア サービスをクリックします。
  5. 既定の構造を追加 のチェックボックスをオフにします。
    documents-media-types.png
  6. をクリックしてを保存します。

この時点で、文書タイプは削除されており、ごみ箱に復元することはできません。

アプリケーションサーバが再起動された場合、ドキュメントタイプは再作成されません。 これらを元に戻すには、 デフォルト構造の追加 をチェックしてプロセスを逆にしてから、アプリケーションサーバーを再起動します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています