Google Drive™へのリンク

Google Drive™へのリンク

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Google Drive™およびGoogle Photos™のファイルにリンクするドキュメントライブラリファイルを作成できます。 これにより、ドキュメントライブラリからGoogleファイルにアクセスできます。 この機能はデフォルトでは使用できないことに注意してください。 これを有効にするには、次の手順を完了する必要があります。

  1. Liferay MarketplaceからLiferay Plugin for Google Drive™をインストールします。

  2. Liferay DXPインスタンスと通信できるGoogleプロジェクトを作成または構成します。 このプロジェクトでは、 Google Picker API 有効にする必要があります。 このAPIを使用すると、リンクするGoogleファイルを選択できます。 また、GoogleプロジェクトがLiferay DXPインスタンスと通信するために必要な認証情報を作成する必要があります。

  3. Googleプロジェクトと通信するようにLiferay DXPインスタンスを構成します。

この記事では、これらの手順を完了する方法を示し、ドキュメントライブラリからGoogleファイルにリンクする例を示して終わります。

アプリをインストール

まず、Liferay MarketplaceからGoogle Drive™用のLiferayプラグインをインストールする必要があります。 このアプリは、Liferay CEポータルおよびLiferay DXPの次のリンクから入手できます。

Marketplaceからのアプリのインストールについてサポートが必要な場合は、Marketplaceを使用した

のドキュメントをご覧ください。

Googleプロジェクトを構成する

Liferay DXPインスタンスと通信できるようにGoogleプロジェクトを作成または構成するには、次の手順に従います。

  1. Google API Console移動します。 適切なプロジェクトがない場合は、 で新しいプロジェクトを作成します

  2. プロジェクトでGoogle Picker APIを有効にします。 手順については、Google API Consoleのドキュメントで APIの有効化と無効化ご覧ください。

  3. GoogleプロジェクトにOAuth 2クライアントIDを作成します。 手順については、上のGoogleのAPIコンソールのドキュメントを参照 OAuth 2.0の設定。 クライアントIDを作成するときに、次の値を入力します。

     - **アプリケーションタイプ:** Webアプリケーション
    
    • 名前: Googleドキュメントフック
    • 承認されたJavaScriptオリジン[liferay-instance-URL] (たとえば、 http:// localhost:8080 はローカル開発マシンのデフォルトです)
    • 承認済みリダイレクトURI[liferay-instance-URL]/ oath2callback
  4. Googleプロジェクトに新しいAPIキーを作成します。 手順については、Google API Consoleのドキュメントで APIキーの作成ご覧ください。 キーを必ずHTTPリファラー(Webサイト)に制限し、Liferay DXPインスタンスのURLからのリクエストを受け入れるように設定してください。

新しいOAuthクライアントIDと公開APIアクセスキーがGoogleプロジェクトの[認証情報]画面に表示されます。 この画面を開いたままにして、Liferay DXPで指定するときにこれらの値を参照します。

Liferay DXPのGoogle Apps設定を構成する

前の手順で作成したクライアントIDとAPIキーでLiferay DXPインスタンスを構成します。

  1. コントロールパネル構成インスタンス設定ます。

  2. [ Miscellaneous ]タブをクリックして、[ Google Apps セクションを展開します。

  3. Google Apps API Key場合は、前のセクションで作成したGoogle APIキーを入力します。

  4. GoogleクライアントID場合は、前のセクションで作成したGoogle OAuthクライアントIDを入力します。

  5. 変更を保存 ます。

リンクファイルの作成

上記の構成手順が完了すると、Google Drive™のファイルまたはGoogle Photos™の画像にリンクするファイルをドキュメントライブラリに作成できます。 次の手順に従ってください。

  1. ドキュメントライブラリで、[ 追加 ]ボタン(Add)をクリックし、[ Googleドキュメント]を選択します。 New Google Docs 画面が表示されます。

  2. [ Select File ]ボタンをクリックして、Googleのファイルピッカーを開きます。

  3. ファイルピッカーを使用して、Google Drive™またはGoogle Photos™からファイルを選択します。

  4. 公開クリックし* 。

図1:Google Drive™または写真からファイルを選択できます。

リンクしたGoogleドキュメントの新しいファイルエントリが表示されます。 他のファイルエントリと同じように、ファイルエントリを表示できます。 Googleドキュメントのコンテンツがファイルエントリのプレビューペインに表示されます。 他のファイルエントリと同様に、[ オプション ]ボタン(Options)を使用すると、ダウンロード、編集、移動、権限、ごみ箱に移動、およびチェックイン/チェックアウト/チェックアウトのキャンセルオプションにアクセスできます。

« ドキュメントとメディアへのデスクトップアクセスメタデータセット »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています