カスタムフィールド

カスタムフィールド

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

Liferay DXPにユーザーを追加するためのフォームに Head Circumference フィールドがないのか疑問に思ったことはありませんか? おそらくLiferay DXPに基づくほとんどのサイトはそれを必要としないからです。 ただし、Lunar Resortの管理者は、ゲストに適切なヘルメットを提供できるように、ゲストの頭囲を知っている必要があります。

Liferay DXPのアセットとリソースの多くでは、編集フォームに新しいフィールドを追加できます。 完全なリストは次のとおりです。

  • ブログエントリー
  • ブックマークエントリー
  • ブックマークフォルダ
  • カレンダー予約
  • 資料
  • ドキュメントフォルダ
  • 掲示板カテゴリー
  • 掲示板メッセージ
  • 組織
  • ページ
  • 役割
  • 地点
  • ユーザー
  • ユーザー・グループ
  • Webコンテンツの記事
  • Webコンテンツフォルダー
  • Wikiページ

カスタムフィールドの追加

カスタムフィールドを追加するには、コントロールパネルの[構成]見出しの下にある[カスタムフィールド]エントリを見つけます。

リストされたエンティティの1つにカスタムフィールドを追加するには、

  1. リソースをクリックして選択します。

  2. 追加(Add)ボタンをクリックします。

  3. キーを追加します。

  4. 追加するフィールドのタイプを選択します。

    図1:Lunar Resortでは、すべてのユーザーに頭囲フィールドが必要です。

  5. 保存をクリックします。

それでおしまい。

リソースのカスタムフィールドを取得したら、リソースのUIでそのフィールドを見つけます。 まず、リソースのUIロケーションを見つけます。そのすべてのカスタムフィールドが[カスタムフィールド]パネルに表示されます。 たとえば、Users UIについて考えます。

コントロールパネル→ユーザーと組織ます。 ユーザーをクリックして[ユーザーの編集]フォームを開き、下にスクロールしてカスタムフィールドを見つけます。

図2:カスタムフィールドパネルは、ユーザーの編集フォームの下部にあります。

カスタムフィールドの編集

カスタムフィールドのキーまたはフィールドタイプを変更することはできませんが、必要に応じて削除したり、新しいフィールドを作成したりできます。 さらに、カスタムフィールドを作成すると、構成可能なプロパティがあります。 たとえば、次は、Head Circumferenceフィールドの編集ページです。

図3:カスタムフィールドは、作成後に構成できます。 正確なオプションは、選択したフィールドタイプによって異なります。

フィールドのケバブメニュー(Actions)をクリックしてから、 権限クリックして、個々のカスタムフィールドの権限を編集します。 これらのアクションに対して許可を付与または削除できます。

  • 削除する
  • 許可
  • 更新
  • 見る

図4:カスタムフィールドを削除、編集、またはその権限を構成できます。

カスタムフィールドにより、Liferay DXPのエンティティの多くが管理ユーザーインターフェイスから直接拡張可能になります。 それらをそのまま使用するか、バックエンドコードと組み合わせれば、さらに強力で柔軟な機能を自由に利用できます。 彼らがThe Lunar Resortで言うのが好きなので、「空は確かに限界ではありません」。

« スクリプトの例世論調査 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています