JSウィジェットのポートレットプロパティの構成

JSウィジェットのポートレットプロパティの構成

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

ポートレットのプロパティを構成するには、次の手順に従います。

  1. 生成されたJavaScriptウィジェットの package.json ファイルを開きます。

  2. ポートレット エントリの下にプロパティを設定します。 これらは、 liferay-portlet-app \ _7 \ _2 \ _0.dtd定義されているように、ポートレットのJava @Component アノテーションで定義するプロパティと同じであることに注意してください。 構成例を以下に示します。

    "portlet": {
        "com.liferay.portlet.display-category": "category.sample",
        "com.liferay.portlet.header-portlet-css": "/css/styles.css",
        "com.liferay.portlet.instanceable": true,
        "javax.portlet.name": "my_js_portlet_project",
        "javax.portlet.security-role-ref": "power-user,user",
        "javax.portlet.resource-bundle": "content.Language"
    },
    
  3. バンドルをデプロイして、変更を適用します。

すばらしいです\! これで、JavaScriptポートレットのプロパティを設定する方法がわかりました。

関連トピック

« ウィジェットのローカライズウィジェットで翻訳機能を使用する »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています