フィックスパック及びセキュリティーリリースの改善について

この度、Liferay Digital Experience Platformのパッチ適用がより単純かつ予測可能になります。この変更は、予測可能なフィックスパック及びサービスパックのリリース日、より安全なセキュリティパッチの適用方法を提供する予定です。

Liferayは2019年6月の間、DXPフィックスパックのリリース頻度を毎週から毎月へ変更します。フィックスパックの形式やインストール手順は変更されず、毎月のフィックスパックのリリース以前に修正が必要な場合は、ホットフィックスを提供します。2つの方法でお客様のプロジェクト依存関係の管理を支援する目的があります

  1. 統合コストを抑えつつ、ブロッカー問題をホットフィックスで素早く解決
  2. その他変更点は安定したフィックスパックのスケジュールをもとに計画

詳しくはプロジェクトのライフサイクルに合わせたLiferay DXPパッチ適用の推奨事項を参照してください。

また、同時に予測可能なサービスパックサイクルも導入されます。第3フィックスパックと併せて新しいサービスパックをリリースします。更新の際は以前と同様に、最新のサービスパックで環境を再構築する必要はありません。最新フィックスパック及びMarketplaceアプリケーションをインストールすることで、同じバイナリが生成されます。
さらに、従来のSPと同じコードベースの「スリムサービスパック」をダウンロードできるオプションが追加されます。ただし、これらはパッチとパッチ情報を削除した、通常のSPの3分の1のサイズになります。スリムサービスパックは再出発点となり、高コスト又は多くのディスク容量を使用するデモやインストールの際に推奨します。なお、通常のフィックスパックもpatching-tool separateコマンドを使用してスリム化できます。

セキュリティフィックスパックの改善

重要度1及び2のセキュリティパッチのリリース方法を変更します。従来のセキュリティパッチは追加のバグ修正が含まれていましたが、7月以降から重大なセキュリティ問題を対処する修正のみ含まれたセキュリティフィックスパックを提供します。各セキュリティパックはリリース時の最新のフィックスパックがベースとなります。前バージョンのフィックスパックを使用している場合は、セキュリティホットフィックスを要求し、パッチをシステムへ適用できます。なお、セキュリティホットフィックスは、引き続き全てのアクティブなバージョンをご利用のお客様が対象となります。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています