ボタンの追加パターンを適用する

ボタンの追加パターンを適用する

ご覧のページは、お客様の利便性のために一部機械翻訳されています。また、ドキュメントは頻繁に更新が加えられており、翻訳は未完成の部分が含まれることをご了承ください。最新情報は都度公開されておりますため、必ず英語版をご参照ください。翻訳に問題がある場合は、こちらまでご連絡ください。

粘土の追加ボタンパターンは、エンティティを追加するアクション用です(たとえば、新しいブログエントリボタン)。 クリーンで最小限のUIを提供します。 アプリのどの画面でも使用できます。 次の手順に従って、アプリにプラスボタンを追加します。

  1. liferay-frontend taglib宣言をポートレットの init.jsp追加します。

    <%@ taglib uri="http://liferay.com/tld/frontend" prefix="liferay-frontend" %>
    
  2. 追加メニュー タグ をポートレットのビューに追加します。

    <liferay-frontend:add-menu>
    </liferay-frontend:add-menu>
    
  3. 持っているすべてのメニュー項目に <liferay-frontend:add-menu-item> タグをネストします。 以下に、単一の項目を使用した追加ボタンパターンの例を示します。

    <liferay-frontend:add-menu>
        <liferay-frontend:add-menu-item 
          title='<%= LanguageUtil.get(request,"titleName") %>' 
          url="<%= nameURL.toString() %>" 
        />
    </liferay-frontend:add-menu>
    

    アイテムが1つしかない場合、プラスアイコンはそのアイテムをトリガーするボタンとして機能します。 複数のアイテムがある場合、プラスアイコンをクリックすると、それらを含むメニューが表示されます。

    図1:追加ボタンパターンは、 add-menu タグと少なくとも1つの add-menu-item タグで構成されます。

com.liferay.mobile.device.rules.web モジュールの追加メニューを以下に示します。

<liferay-frontend:add-menu
  inline="<%= true %>"
>
  <liferay-frontend:add-menu-item
    title='<%= LanguageUtil.get(resourceBundle, "add-device-family") %>'
    url="<%= addRuleGroupURL %>"
  />
</liferay-frontend:add-menu>

そこにあります! これで、追加ボタンパターンの使用方法がわかりました。

関連トピック

« 管理ツールバーを使用したアイテムのフィルタリングと並べ替え管理アプリのアクションメニューの構成 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています