アプリケーション表示テンプレート

以前は、ウィジェットのUIを変更する必要がある場合、フック(HTML関連の変更など)またはテーマ(CSS関連の変更など)を使用する必要がありました。プラグインを再デプロイしなくても、特定のウィジェットインスタンスに特定の表示変更を適用できると便利です。理想的には、許可されたポータルユーザーがカスタム表示インターフェイスをウィジェットに適用できるようにする必要があります。

これがまさにアプリケーション表示テンプレート(ADT)が提供するものです。ウィジェットがページに表示される方法をカスタマイズする機能で、サイトのコンテンツの表示方法に対する制限がなくなります。ADTを使用すると、アセット中心のウィジェットのレンダリングに使用されるカスタム表示テンプレートを定義できます。これは、実際にはLiferay DXPの新しい概念ではありません。一部のウィジェットにはすでにテンプレート機能(Webコンテンツ動的データリストなど)があり、必要な数の表示オプション(またはテンプレート)を追加できるようになっています。カスタムポートレットに追加することもできるようになりました。

7.1でアプリケーション表示テンプレートをすでにサポートしているポートレットの一部は以下のとおりです。

  • アセットパブリッシャー
  • ブログ
  • パンくずリスト
  • カテゴリーナビゲーション
  • 言語セレクター
  • メディアギャラリー
  • ナビゲーションメニュー
  • RSSパブリッシャー
  • サイトマップ**
  • タグナビゲーション
  • Wiki

続いて、カスタムポートレットにADTのサポートを追加します。

« Liferayの言語設定の使用アプリケーション表示テンプレートの実装 »
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています