LPS-98420の後で、実際のLDAPインポート時間とインスタンス設定で設定されたインポート間隔が一致しない可能性があります

問題

LPS-98420後、実際のLDAPインポートトリガー時間とインスタンス設定で設定されたインポート間隔の間に不一致がある可能性があります。

例えば:

  1. 「システム設定> LDAP-> インポート間隔」を2に設定します。
  2. 「インスタンス設定> LDAP-> インポート間隔」を3に設定します。

期待される結果:インポートのトリガー時間は3分です。

実際の結果:実際のインポートトリガー時間は4分です。

理由

「LDAPインポート間隔」設定は、 システム設定 レベルと インスタンス設定 レベルの両方に存在します。

LPS-98420後の システム設定 レベルの「LDAPインポート間隔」は、トリガータイマーと見なされます。 LDAPインポートをトリガーする代わりに、 システム設定 レベルの「LDAPインポート間隔」を使用して、インポートが必要なインスタンスがあるかどうかの チェック をトリガーします。

インスタンス設定 レベルの「LDAPインポート間隔」は、実際のインポートトリガー間隔と見なすことができます。 ただし、実際のLDAPインポート時間を決定するには、 インスタンス設定の「LDAPインポート間隔」と システム設定間隔を考慮する必要があります。

場合の例のように、 システム設定LDAPインポート間隔が2分で、これは2分ごとに意味、それは意志 チェック LDAPインポートを持っているすべてのインスタンスが存在する場合に有効で、他の輸入のために起因するものです。 デフォルトのLiferay インスタンス設定LDAPが有効になっていて、インポート間隔が3分であるとしましょう。 ユーザーは、LDAPインポートが3分ごとに発生することを期待する場合があります(インスタンスの設定で設定)。

ただし、 LPS-98420の変更により、このシナリオでは、Liferayは2分ごとに別のインポートの予定があるかどうかをチェックしますが、3分ごとに実行されるように設定されているため、インポートは行われません。 「最終インポート時間」(インスタンス設定レベル)。インスタンスは3分でインポートの準備ができていますが、それ自体をトリガーすることはできず、スケジューラーがトリガーするのを待つ必要があります。したがって、実際のインポートは次のトリガーされたチェックまで発生しないため、2番目のトリガーの実際のLDAPインポート時間は4分になります。

解決

単一インスタンス バンドルでは、システムとインスタンスの設定の間隔値を一致させるのが最適です。そのため、インポートがトリガーされ、必要に応じて正確に実行されます。 マルチインスタンス バンドルでは、特にLDAPインポート間隔を変更する必要がある場合は、システム間隔をインスタンスの最小公分母として設定するのが最善です。

インスタンスAの間隔が20分でインスタンスBの間隔が30分である2つのインスタンスのバンドルの例を考えてみます。 システム間隔を2つの最小公分母である10分に設定することをお勧めします。 LDAPインポーターは、10(インポートなし)、20(インスタンスA)、30(インスタンスB)のようにトリガーされます。 これにより、両方のインスタンスが指定された時間にインポートを実行することが保証されます。

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています