Liferay DXP 7.2 GA1またはフィックスパック1からLiferay DXP 7.2 SP1/Fix Pack 2(またはそれ以降)への更新

問題

7.2 GA1またはフィックスパック1からLiferay DXP 7.2 SP1またはフィックスパック2(例:SP1)に移行する場合、パッチのインストール後にアップグレードツールを実行する 必要 があります。

これは、SP1とFP2がデータベース内のデータに変更を加えているため、バンドルにパッチが適用された後、Liferayが新しいフィックスパックレベルで起動する前に完了する必要があるためです。

詳細

  1. 予期しない問題が発生した場合に、フォールバックするオプションがあることを確認するために、アップグレードプロセスを実行する前に常にデータベースをバックアップする必要があります。

  2. Service Pack 1 以降に更新するには、DB Upgrade Tool v3.0.0 +が必要です。プロセスを実行する前に、アップグレード ツール3.0.1をダウンロードしてください。

  3. パッチツール を使用してSP1をバンドルにインストールします。
  4. インデックス作成を無効にします。

    • 新しいインストールでアップグレードプロセスを開始する前に、インデックス作成を無効にして、インデクサーがコンテンツのインデックスを再作成しようとしたときに発生するアップグレードプロセスのパフォーマンスの問題を防ぐ必要があります。
    • インデックス作成を無効にするには、 [Liferay Home]/osgi/configs  フォルダー内で  
    • com.liferay.portal.search.configuration.IndexStatusManagerConfiguration.config   というファイルを、Liferay Home]/osgi/configs folderに作成し 、次のコンテンツを追加します。
    • indexReadOnly="true"
      
    • アップグレードプロセスが完了したら、.config ファイルを削除するか、 indexReadOnly="false"設定を行って、インデックス作成を再度有効にします。  

  5. データのアップグレードを構成します。

    • app-server.propertiesファイルを構成します。
      • Liferay DXP 7.2のアプリサーバーを構成するには、次の情報を指定します。

        dir:  アプリケーションサーバーフォルダーの絶対パス。(必須)  

        extra.lib.dirs:  クラスパスに追加するバイナリまたはリソースを含む追加ディレクトリのコンマ区切りリスト。すべての絶対パスまたはすべてのdir相対パスを使用します。(必須)   

        global.lib.dir:  アプリケーションサーバーのグローバルライブラリディレクトリ。絶対パスまたはdirからの相対パスを使用します。(必須)   

        portal.dir:  アプリサーバーでポータルがインストールされているディレクトリ。絶対パスまたはdirからの相対パスを使用します。(必須)  

        server.detector.server.id: サポートされているアプリケーションサーバーID。( 必須 )IDは次のとおりです。

        • jboss
        • jonas
        • resin
        • tomcat
        • weblogic
        • websphere
        • wildfly

        相対パスはUnixスタイルの形式を使用する必要があります。

    • portal-upgrade-database.propertiesファイルを構成します。
      • 次の情報を指定して、アップグレードするデータベースを構成します。これらのプロパティは、ファイルで使用する   JDBCポータルプロパティに正確に対応していることに注意してください。   portal-ext.properties 

        jdbc.default.driverClassName  (必須)

        jdbc.default.url  (必須)

        jdbc.default.username  (必須)

        jdbc.default.password  (必須)

    • portal-upgrade-ext.propertiesファイルを構成します。
      • liferay.home:   Liferayのホームフォルダ(必須)  

        dl.store.impl:  ドキュメントをドキュメントライブラリストアに永続化するための実装。*FileSystemStore実装を使用している場合、このプロパティは必須です。 このプロパティをportal-ext.propertiesで更新した場合、ここにコピーします。     

  6. フォルダー内の db_upgrade.sh スクリプトを実行すると [Liferay Home]/tools/portal-tools-db-upgrade-client db_upgrade.bat Windowsの場合)、アップグレードツールが起動します。

  • デフォルトのJavaパラメーターは次のとおりです。
    -Dfile.encoding=UTF-8 -Duser.country=US -Duser.language=en -Duser.timezone=GMT -Xmx2048m
  • -jフラグを追加し、独自のパラメーターを設定することにより、これらのデフォルトをオーバーライドできます。例えば: 
    db_upgrade.sh -j "-Dfile.encoding=UTF-8 -Duser.country=US -Duser.language=en -Duser.timezone=GMT -Xmx10240m"
  • 手順3で作成した構成ファイルを削除して、インデックスを再度有効にします。

  • Liferay DXP 7.2 SP1を起動します。

この記事は役に立ちましたか?
12人中12人がこの記事が役に立ったと言っています