DXP 7.2 Service Pack 1(SP1)-データ整合性の新しい改善

Liferay DXP 7.2 Service Pack 1(SP1)には、Liferayプラットフォーム内のデータの一貫性をさらに向上させる変更が含まれています。

ハイライト:

  • 追加のLiferayサービスで、Multiversion Concurrency Control(MVCC)が有効になりました
  • MVCCをサポートするための変更は、既存のコードとの互換性を壊しません

マルチバージョン同時実行制御(MVCC)

MVCCは、データの一貫性を高めるのに役立つ同時実行制御方法です。

LiferayのMVCC戦略は、 Hibernateのオプティミスティックロックシステム を利用して、同時データ変更中にデータの整合性を維持します。

MVCCを実装には、バージョン管理を追跡するための追加の列がデータベースのいくつかのテーブルに追加されました。

LiferayのService Builderを使用すると、 MVCC を簡単に実装できます。

Blue-Greenデプロイメント

実装されているMVCCの変更は、 Blue-Green Deployment 戦略に適合しています。したがって、この更新プログラムを適用するには、ダウンタイムがありません。

なぜこれがマイナーバージョンの変更なのか

この更新により、追加のLiferayサービスでMVCCが有効になります。

MVCCをサポートするために、データベースのいくつかのテーブルに新しい列が追加されました。繰り返しますが、これらの変更は付加的なものであり、既存のコードとの互換性を損なうものではありません。

注:  MVCCは、これらの追加のLiferayサービスを使用しているカスタマイズの同時実行バグを明らかにする場合があります。影響を受けるサービスのリストと、解決に向けたサンプルコードについては、次の記事を参照してください :Liferayサービスの使用時にStaleObjectStateExceptionがスローされる

データベースアップグレードツール

Liferayインスタンスにこれらの改善を適用するには、 7.2 SP1 アップデート用のデータベースアップグレードツールの実行に関するガイドを参照してください。

注: このフィックスパックをインストールすると、Blue-Greenデプロイメント戦略に適合する更新を適用するためにデータベースアップグレードツールが不要になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています