Liferayフィックスパックおよびサービスパックの命名規則

Liferayリリースの命名規則がほとんど一目瞭然になることを願っていますが、このガイドは、リリース名に含まれるさまざまな要素を説明するために提供されています。

フィックスパック

以下の図は、DXP 7.1+のフィックスパックの命名における要素を説明しています。

Fix_Pack_Cropped_Tight.png

注:DXP 7.0フィックスパックのリリース名には、「dxp」ではなく「de」が含まれています。
セキュリティフィックスパックの命名規則の詳細については、次を参照してください。DXPセキュリティフィックスパックを

サービスパック

次の図は、DXP 7.1+用のサービスパックの命名における要素を説明しています。

Service_Pack_Cropped_Tight.png

注: DXP 7.0サービスパックの場合、名前には、「dxp」の後、
"<バンドルタイプ>"の前に「digital-enterprise」も含まれます。

追加情報

Community Edition(CE)の命名規則は、Service Packの命名規則に厳密に従っています。サービスパックとは異なるCEリリースの要素を強調した以下の例を参照してください。

CE.png

フィックスパックとサービスパックの詳細については、次のとおりですLiferayパッチの概要

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています