Liferay DXP 7.1 SP3はLCSの下位バージョンで出荷 - v4.2

概要

7.1 SP3 ビルドでは、LCS v6.0 の代わりにデフォルトで LCS v4.2 が含まれています。 この見落としは、7.1 SP3 バンドルがリリースされた後に発見され、ユーザーがインスタンスを 7.1 SP3 にアップグレードする際に問題が発生する可能性があります。 この記事を読んで、緩和する方法を学んでください。

問題

Liferay DXP 7.1 SP2をSP3にアップグレードすると、LCSのバージョンがSP2よりもSP3の方が低い(v4.2とv5.0.0.0の比較ではv4.2)ため、コンソールに以下のエラーが表示されます。

ERROR [main][HotDeployImpl:235] com.liferay.portal.kernel.deploy.hot.HotDeployException: Error registering hook for lcs-portlet com.liferay.portal.kernel.deploy.hot.HotDeployException: Error registering hook for lcs-portlet

影響を受けるバージョン

Liferay DXP 7.1 SP3

決議

次の手順を使用して、LCS アプリケーションを更新します。

  1. LCS for Liferay DXP 7.1の 最新版 をダウンロードしてください。
  2. DXP 7.1を実行しているサーバーをシャットダウンします。
  3. Liferay_Home/osgi/marketplaceフォルダ内の以下のファイルを削除します。
    • Liferay Connected Services Client - API.lpkg
    • Liferay接続サービスクライアント - Impl.lpkg
  4. Liferay_Home/osgi/state ディレクトリを削除します。
  5. Liferay_Home/tomcat_homeフォルダから'temp'と'work'ディレクトリを削除します。
  6. ステップ1から最新のLCS .LPKGファイルをデプロイフォルダに配置します。
  7. サーバーを起動します。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています