ワークフロー-サポートされているステータス

説明文

Liferayのワークフローでは、事前に定義されたレビュープロセスを通じて、Webコンテンツの記事、Wikiページ、さらにはユーザーなどのアセットを実行する可能性があります。 このために、ワークフローのステータスを利用できます。

たとえば、管理者として、1つのブログ投稿で作成されるすべてのコメントを制御したいとします。 そのために、承認されて最終的に公開される前にすべてのコメントが通過する必要がある選択したワークフロー定義をセットアップできます。 したがって、Liferayのワークフローを使用してそのレビュープロセスを作成する場合、これらの受信コメントに ステータス を割り当てるステップを定義して、コメントの受け入れまたは拒否、基準(つまり、拒否、保留、不完全など)を決定する必要があります。 。

解決

Liferayは一連のステータスを「すぐに使える」状態で提供します。ステータスは以下のリスト、またはコードのリポジトリで確認できます。 サポートされているステータスを使用し、正しく設定する必要がありますそうでない場合、ワークフロー定義が意図したとおりにアセットを処理できない可能性があります。

ステータスを正しく更新する方法の例を次に示します。

<script>
    <![CDATA [
        import com.liferay.portal.kernel.workflow。WorkflowStatusManagerUtil;
        インポートcom.liferay.portal.kernel.workflow。WorkflowConstants;
 
 
 
 WorkflowStatusManagerUtil.updateStatus(WorkflowConstants.getLabelStatus("allowed")、workflowContext);
 ]]>
</script>
<script-language>グルーヴィー</script-language>

注:次のようにステータスラベルのスペルを間違えると、アセットはデフォルトでステータス「any」に設定されます。

<script>
    <![CDATA [
        import com.liferay.portal.kernel.workflow。WorkflowStatusManagerUtil;
        インポートcom.liferay.portal.kernel.workflow。WorkflowConstants;
 
 
 
 WorkflowStatusManagerUtil.updateStatus(WorkflowConstants.getLabelStatus("approve")、workflowContext);
 ]]>
</script>
<script-language>グルーヴィー</script-language>

サポートされているワークフローステータスのリスト

  • "any";
  • "承認";
  • "拒否";
  • "ドラフト";
  • "期限切れ";
  • "ゴミ箱";
  • "非アクティブ";
  • "不完全";
  • "保留中";
  • "予定";

追加情報

Liferayのスクリプトエンジンを活用してワークフローエクスペリエンスを向上させる方法の詳細については、 参照してください: ワークフローでのスクリプトエンジンの活用

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています