LiferayのDockerイメージ

Liferayは、一部のLiferay製品に対して の公式Dockerイメージ を提供し、Liferayソフトウェアのアプリケーションコンテナ動作の認証を求めています。 コンテナ環境でのLiferayソフトウェアの動作に必要なコンテナランタイム、ストレージ、ネットワーク要素は、Liferay Dockerイメージのリリース前にテストされていますが、これらの要素の選択と構成はお客様の責任となります。

公式Liferay Dockerイメージのサポート範囲は、コンテナオーケストレーションエンジン、コンテナランタイム、コンテナエンジン(Docker EngineやKubernetesなど)などの仮想化およびコンテナ技術とは異なります。 これらのテクノロジーのサポート内容については、 コンテナと仮想化テクノロジー の記事をご覧ください。

アプリケーションコンテナの操作については、Liferay製品の 公式ドキュメント に記載されています。 コンテナ環境でLiferayソフトウェアを動作させるために必要な要素は、基本的な概念実証レベルで、公式の Liferay Docker image documentationで文書化されています。 これらの必要な要素に関する問題が報告された場合は、これらの基本的な概念実証例を用いて検証されます。 この設定を変更したり、より高度な設定を必要とする問題は、お客様の責任となります。

イメージに関する問題が報告されることがありますが、サブスクリプションサービスは、liferay-docker リポジトリスクリプトを使用した Liferay Docker イメージの構築に関する支援を提供する必要はありません。 Liferay以外で作成されたDockerイメージについては、 Container and Virtualization Technologies の記事を参照してください。 Liferay Workspaceを使用して作成されたDockerイメージについては、「Child and Custom Images」を参照してください。

子画像とカスタム画像

子イメージは、Liferayの公式Dockerイメージを使って作成できます。 報告されたすべてのイメージおよび製品の問題は、報告されたタグまたはフィックスパックレベルの公式Liferay Dockerイメージを使用して診断されます。

Liferay Workspaceを使用して、カスタムDockerイメージを作成することができます。 Liferay Workspaceの 公式ドキュメント では、イメージ作成プロセスの意図する機能を決定しています。

製品、子画像、またはカスタム画像の利用中に問題が発生した場合、報告された問題は 診断ワークフローに入ります。 診断ワークフローの目的は、報告された問題を、カスタマイズされていない環境、またはドキュメントに従って変更された環境で再現することです。

Container and Virtualization Technologies support coverageの記事は、Liferay以外の当事者が作成または修正したDockerイメージや、Liferay Workspaceを使用せずに修正したDockerイメージにも適用されます。

フィックスデリバリー

Liferayは、Liferayソフトウェアに関して報告された問題を、その製品の通常の修正プログラムの提供プロセスを通じて解決することを目指しています。 LiferayのDockerイメージで報告された問題は、新しいフィックスパックまたはエントリーポイントの構成を含む新しいイメージのリリースによって解決される可能性があります。 Liferayは、お客様のイメージタグやイメージフィックスパックのレベルで問題が解決されることを保証するものではありません。 この問題は、最新のイメージタグまたは最新の修正パックレベルで解決されている可能性があります。

修正パック

各フィックスパックバンドルの画像は定期的に公開されます。 修正パックが利用可能になった直後に、対応するDockerイメージをリリースすることを目標としています。 より高いフィックスパックを入手するためには、LiferayのDocker hubリポジトリに掲載されている イメージタグを参照してください。 イメージは、Patching Toolを使って最新のフィックスパックにアップデートすることはできません。 LiferayのDockerイメージは、hotfixおよびsecurity fixのパッチにのみ対応しています。

ホットフィックスとセキュリティフィックス

お客様が最新のフィックスパックを含む新しいイメージを待つことができない場合や、そのフィックスパックレベルにアップデートすることが不可能な場合、LiferayのDockerイメージはホットフィックスやセキュリティフィックスのパッチに対応しています。 詳しくは、Liferay Dockerのドキュメントをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています