Liferay DXP Elasticsearchコネクタ:テクニカルデータシート

はじめに

この記事では、 互換性マトリクスを拡張し、LiferayのElasticsearchコネクタに関する技術情報を提供します。

ElasticsearchのLiferay DXPの互換性への影響についての情報は、こちらの記事をお読みください。

Liferay Enterprise Search (LES) の注意点
LES コネクタはサーバコネクタではないため、この記事に記載していません。:LESコネクタは、Elasticsearch ノードと通信するためのクライアントをインスタンス化するのではなく、Elasticsearch コネクタの機能を拡張しています。

DXPパッチレベル & マーケットプレイスバージョン
以下の情報は、明記がない限り、常に最新の利用可能なDXPバージョン(フィックスパックレベルまたはマーケットプレイスバージョン)に適用されます。 この記事は随時更新しています。
最新の利用可能なバージョンをご紹介します

  • DXP 7.3 GA1
  • DXP 7.2 FP8
  • DXP 7.1 FP19
  • DXP 7.0 FP96
  • Liferay Connector to Elasticsearch 7 v3.1.0 (for DXP 7.2)
  • Liferay Connector to Elasticsearch 6 v1.1.0 (for DXP 7.0)
  • 最新更新:2020年11月5日

目次

DXP 7.3

以下の情報は変更される可能性があり、現在の開発状況を反映しています。 ここでは、Liferay DXP 7.3 GA1のリリースに合わせて更新します。

Name 利用可能 フィックス/サポートフィックスパックの配信方法 Elasticsearchクライアントタイプ* ElasticsearchクライアントLibバージョン** 通信プロトコル 安全な接続サポート(TLS/SSL、ユーザー認証) 推奨されるElasticsearchのバージョン*** 動作モード JVM要件****
Liferay Connector to Elasticsearch 7 バンドル(デフォルト) フィックスパック/ホットフィックス RESTクライアント(Java) 7.9.0 HTTP はい、すぐに使用できます(HTTPS 7.9.x+ SIDECAR, REMOTE

 

* 主にHigh Level REST Clientを使用していますが、現在DXPが必要としている機能には未実装のものもありますので、High Level ClientからLow Level REST Clientを入手してリクエストに必要なJSONを構築しています。

**コネクタがコンパイル時に依存関係として使用するクライアントライブラリのバージョンを指します。 これは、ポータルが最初に起動し、コネクタがまだ REMOTE モード用に構成されていないときに、 EMBEDDED モードで起動したElasticsearchサーバーのバージョンも定義します。

*** Elasticの ドキュメント参照

"The High Level Client is guaranteed to be able to communicate with any Elasticsearch node running on the same major version and greater or equal minor version. It doesn’t need to be in the same minor version as the Elasticsearch nodes it communicates with, as it is forward compatible meaning that it supports communicating with later versions of Elasticsearch than the one it was developed for."

**** Java RESTクライアントはHTTP経由でElasticsearchと通信します。 この通信プロトコルは、以前のトランスポートクライアントベースのコネクタとは異なり、DXPとElasticsearch間のJavaシリアル化を必要としません。 Elasticsearchノードは、DXPデプロイメントが使用しているものとは異なるJVMで実行できます。

DXP 7.2

Name 利用可能 フィックス/サポートフィックスパックの配信方法 Elasticsearchクライアントタイプ ElasticsearchクライアントLibバージョン* 通信プロトコル 安全な接続サポート(TLS/SSL、ユーザー認証) Elasticsearchの推奨バージョン** 動作モード JVM要件***
Liferay Connector to Elasticsearch 6 バンドル(デフォルト) フィックスパック/ホットフィックス トランスポートクライアント(Java) 6.8.6 輸送レベル はい、X-Pack Security (v3.x)の コネクタを介して。**** 6.8.x EMBEDDED, REMOTE
Liferay Connector to Elasticsearch 7 マーケットプレイス(v3.x) マーケットプレイスリリース/ホットフィックスLPKG トランスポートクライアント(Java) 7.3.0 輸送レベル はい、すぐに使用できます(ドキュメント 7.3.x-7.8.x EMBEDDED, REMOTE

 

*コネクタがコンパイル時に依存関係として使用するクライアントライブラリのバージョンを指します。 これは、ポータルが最初に起動し、コネクタがまだ REMOTE モード用に構成されていないときに、 EMBEDDED モードで起動したElasticsearchサーバーのバージョンも定義します。

** Liferayは、ElasticsearchのマイナーリリースでElasticsearchコネクタのアドホックテストを実施します。 これらのマイナーリリースでは、低レベルのJava APIに重大な変更が導入される場合があります。 したがって、LiferayとElasticの両方で、サーバーとクライアントのバージョンを一致させることをお勧めします。以下、 Elasticから引用

"The client must have the same major version (e.g. 2.x, or 5.x) as the nodes in the cluster. Clients may connect to clusters which have a different minor version (e.g. 2.3.x) but it is possible that new functionality may not be supported. Ideally, the client should have the same version as the cluster."

***トランスポートクライアントは、Javaシリアル化に依存しています。 このため、DXPとElasticsearchで使用されるメジャーバージョンとJVMのベンダーは同じである必要があります。 サブスクリプションサービスの調査により、問題の根本的な原因がJVMの不一致に関連していることが判明した場合、サブスクリプションサービスは問題の解決が制限されます。

**** Liferay Enterprise Search(LES) サブスクリプションが 必要です。

DXP 7.1

Name 利用可能 フィックス/サポートフィックスパックの配信方法 Elasticsearchクライアントタイプ ElasticsearchクライアントLibバージョン* 通信プロトコル 安全な接続をサポート(TLS/SSL、ユーザー認証) Elasticsearchの推奨バージョン** 動作モード JVM要件***
Liferay Connector to Elasticsearch 6 バンドル(デフォルト) フィックスパック/ホットフィックス トランスポートクライアント(Java) 6.5.0 トランスポートレベル はい、X-Pack Security (v2.x)の コネクタを介して。**** 6.5.x-6.8.x EMBEDDED, REMOTE

 

*コネクタがコンパイル時に依存関係として使用するクライアントライブラリのバージョンを指します。 これは、ポータルが最初に起動し、コネクタがまだ REMOTE モード用に構成されていないときに、 EMBEDDED モードで起動したElasticsearchサーバーのバージョンも定義します。

** Liferayは、ElasticsearchのマイナーリリースでElasticsearchコネクタのアドホックテストを実施します。 これらのマイナーリリースでは、低レベルのJava APIに重大な変更が導入される場合があります。 したがって、LiferayとElasticの両方で、サーバーとクライアントのバージョンを一致させることをお勧めします。

以下、Elasticから引用

"The client must have the same major version (e.g. 2.x, or 5.x) as the nodes in the cluster. Clients may connect to clusters which have a different minor version (e.g. 2.3.x) but it is possible that new functionality may not be supported. Ideally, the client should have the same version as the cluster."

***トランスポートクライアントは、Javaシリアル化に依存しています。 このため、DXPとElasticsearchで使用されるメジャーバージョンとJVMのベンダーは同じである必要があります。 サブスクリプションサービスの調査により、問題の根本的な原因がJVMの不一致に関連していることが判明した場合、サブスクリプションサービスは問題の解決に制限されます。

**** Liferay Enterprise Search(LES) サブスクリプションが 必要です。

DXP 7.0

Name 利用可能 フィックス/サポートフィックスの配信方法 Elasticsearchクライアントタイプ ElasticsearchクライアントLibバージョン* 通信プロトコル 安全な接続をサポート(TLS/SSL、ユーザー認証) Elasticsearchの推奨バージョン** 動作モード JVM要件***
Liferayポータル検索Elasticsearch バンドル(デフォルト) フィックスパック/ホットフィックス トランスポートクライアント(Java) 2.4.0 トランスポートレベル はい、 シールドプラグインを介して**** 2.4.x EMBEDDED, REMOTE
Liferay Connector to Elasticsearch 6 マーケットプレイス(v1.x) マーケットプレイスリリース/ホットフィックスLPKG トランスポートクライアント(Java) 6.5.0 トランスポートレベル はい、X-Pack Security (v1.x)の コネクタを介して、を使用します。**** 6.5.x-6.8.x EMBEDDED, REMOTE

 

*コネクタがコンパイル時に依存関係として使用するクライアントライブラリのバージョンを指します。 これは、ポータルが最初に起動し、コネクタがまだ REMOTE モード用に構成されていないときに、 EMBEDDED モードで起動したElasticsearchサーバーのバージョンも定義します。

** Liferayは、ElasticsearchのマイナーリリースでElasticsearchコネクタのアドホックテストを実施します。 これらのマイナーリリースでは、低レベルのJava APIに重大な変更が導入される場合があります。 したがって、LiferayとElasticの両方で、サーバーとクライアントのバージョンを一致させることをお勧めします。 以下、Elasticから引用

"The client must have the same major version (e.g. 2.x, or 5.x) as the nodes in the cluster. Clients may connect to clusters which have a different minor version (e.g. 2.3.x) but it is possible that new functionality may not be supported. Ideally, the client should have the same version as the cluster."

***トランスポートクライアントは、Javaシリアル化に依存しています。 このため、DXPとElasticsearchで使用されるメジャーバージョンとJVMのベンダーは同じである必要があります。 サブスクリプションサービスの調査により、問題の根本的な原因がJVMの不一致に関連していることが判明した場合、サブスクリプションサービスは問題の解決が制限されます。

**** Liferay Enterprise Search(LES) サブスクリプションが必要です。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています