DXP 7.3でユーザーをインポートするためのLiferayのLDAP設定の設定

この記事では、Liferay DXP 7.3を設定して、グラフィカルユーザーインターフェースを使ってLDAPサーバーからユーザーをインポートする方法を説明します。

手順は基本的に以前のバージョンのLiferayと同じですが、DXP 7.3ではUIオプションが変更されています。

環境

  • Liferay DXP 7.3

解決

  1. LDAP設定を入力するには、に移動します:コントロールパネル>インスタンスセッティング>セキュリティ>LDAP
    mceclip0.png

    InstanceSetting.jpg

    LDAP.jpg
  2. サーバー を選択し、 追加 をクリックしてLDAPサーバーを追加します。
  3. 上部にLDAPサーバーの名前を入力します。

    デフォルトの選択肢のラジオボタンリストがあります。
    AddServer.jpg

    2.jpg

  4. LDAP接続のテスト をクリックして検証します。 以下のメッセージを受け取ってください。
    3.jpg

  5. LDAPユーザーのテストをクリックします。 それは、以下のようにAD内のすべての利用可能なユーザーをリストアップする必要があります。
    4.jpg

  6. インポート関連の設定を行うには、左側のメニューから「インポート」を選択する必要があります。
    インポート.jpg

  7. インポートを有効にする オプションにチェックを入れていない場合、どのユーザーも初めてログインしようとしたときにユーザーインポートが発生します。 インポートを有効にする オプションをチェックした場合、アプリケーションはLDAPサーバー内の新しいエントリがあるかどうかを定義された間隔でチェックし、もしあればそれらをインポートします。 この間隔は、テキストボックス"インポート間隔"で指定された値に依存します。 デフォルトでは、テキストボックスの値は10で、Liferayは10分ごとにLDAPサーバーに新しいエントリがないかどうかをチェックします。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています