修正パックのアップグレード中にセッションタイムアウトの値がオーバーライドされる

問題

  • フィックスパックのインストール中、<session-timeout>の値はweb.xml内でデフォルトにリセットされます。 セッションタイムアウトの値は「永久」に変更できますか?

環境

  • DXP 7.2

解決

現在のところ、DXP にはこれを実現するためのすぐに使えるオプションはありません - フィックス パックのインストール プロセスの後に web.xml を維持する必要があります。

しかし、このようなタスクのための ext-plugin を開発することで、私たちの顧客はこれを達成する最良のチャンスがあるでしょう。以下の記事にも書かれているように 'Liferayポータルでユーザーセッションのタイムアウトを設定する方法'.: 9

オプション2 - ポータルEXTプラグインを使用してweb.xmlのセッションタイムアウト値を上書きする

注: このアプローチは、Liferay ポータルのパッチ適用プロセス (TBC) のために動作しない場合があります.

<session-timeout> 要素
のセッションタイムアウト値を更新します。

FILE.EXT_PLUGIN/.../WEB-INF/web.xml

<session-config>
<session-timeout>480</session-timeout>
</session-config>

オプション3 - ポータルEXTプラグインを使用してweb.xmlのセッションタイムアウト値を削除する

注: このアプローチは、Liferay ポータルのパッチ適用プロセス (TBC) のために動作しない場合があります.

親の <session-config> 要素からセッションタイムアウト値と <session-timeout> 要素を削除します。

<session-config>
</session-config>

注:このアプローチは、portal-ext.propertiesで定義された値を確実に保持します。


注意: 上記で説明した方法は、いずれも公式に徹底的にテストされておらず、カスタム開発とみなされていません。 Therefore, any of these changes may be applied at the developer's own discretion.

Actually, there is a feature request already present in our records about the desired functionality: LPS-67421

追加情報

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています