2021/7/28 サービスアップデート 2021.30.2

Liferay Cloud のサービス更新

2021.30.2 のサービス アップデートには、バックアップ サービスが含まれます。

liferay/dxp docker イメージタグ

liferay/dxp docker イメージは、イメージに関連付けられた liferay バージョン、パッチ適用レベル、および docker スクリプトに関する情報を提供します。 liferay/dxp の Dockerhub のタグは次のようにフォーマットされています

liferay/dxp:{Liferay.DXP.Version}-{Patching-Level}-d{Docker.Script.Version}-{Timestamp}
liferay/dxp:7.2.10-dxp-11-d1.5.4-20210310143709

プロジェクトに使用する liferay/dxp ベース イメージを選択するときは、docker タグ全体を考慮してください。また、環境に適用する前に、パッチ レベルのリリース ノートを確認してください: DXP リリース ノート

docker イメージがプラットフォーム内にキャッシュされる方法のため、最後に完全なタイムスタンプを持つタグを常に使用してください。 これらはスナップショットであり、公開されている正確なイメージが常に生成されます。 タイムスタンプのない Docker タグはローリング タグと見なされるため、使用しないでください。

DXP スタック 2021.30.2

サービス名 以前のリリース 現在のリリース Docker イメージ

バックアップ

4.3.8

4.3.9

liferaycloud/バックアップ:4.3.9

CI

4.2.4

4.2.4

liferaycloud/ジェンキンス:2.277.4-4.2.4

データベース

4.2.3

4.2.3

liferaycloud/database:4.2.3

Liferay

4.2.1

4.2.1

liferaycloud/liferay-dxp:7.3-4.2.1

liferaycloud/liferay-dxp:7.2-4.2.1

liferaycloud/liferay-dxp:7.1-4.2.1

liferaycloud/liferay-dxp:7.0-4.2.1

検索

4.1.1

4.1.1

feraycloud/elasticsearch:7.9.3-4.1.1

liferaycloud/elasticsearch:6.8.13-4.1.1

feraycloud/elasticsearch:2.4.6-4.1.1

ウェブサーバー

4.1.2

4.1.2

liferaycloud/nginx:1.16.1-4.1.2

更新手順

Liferay Cloud イメージは liferay/LCP.json ファイルに設定されていますが、liferay/dxp イメージは gradle.properties に設定されています。 この変更は、Liferay Cloud CLI を使用して展開を容易にするために行われました。

liferay/LCP.json ファイルは、liferaycloud/liferay-dxp イメージを設定します。

"image":"liferaycloud/liferay-dxp:7.3-4.2.1"

liferay/gradle.properties ファイルは、liferay/dxp イメージを設定します。

liferay.workspace.docker.image.liferay=liferay/dxp:7.3.10-ga1-d1.5.2-20210301040217

LCP.json ファイルが更新されたら、変更を Git リポジトリにコミットします。

git add . && git commit -m "update dxp cloud stack to 2021.12.1"

これらの変更をリモート リポジトリにプッシュすると、Liferay Cloud にビルドが作成され、デプロイの準備が整います。

ログを変更する

サービス名 サービスバージョン 航空券番号 説明

バックアップ

4.3.9

LCE-850

mysqldump の max_allowed_packet 値を変更できない

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています