バンドルされたサービスパックまたは更新の適用方法

Liferay DXPのサービスパックとアップデートは、ソースコードからビルドされ、以下のアップデートが含まれた状態でバンドルされています:

  1. 最新のpatching tool(最初のリリース以降にツールが更新されている場合)
  2. 最新のプラグイン(最初のリリース以降に新しいバージョンがリリースされた場合)
  3. Tomcatの最新バージョン(全てではありませんが、ほとんどのサービスパック)
  4. 最新のフィックスパックまたはアップデートレベル

あるサービスパックまたはアップデートレベル(移行元)から別のサービスパックまたはアップデートレベル(移行先)へのインストールを更新する方法は以下の通りです。可能であれば、利用可能な最新のサービスパックまたはアップデートに更新してください。

詳細

更新する前に、必ずデータベースと既存環境をバックアップしてください。

    1. ヘルプセンターのダウンロードから、サービスパックもしくはアーカイブされた更新済みアップデートバンドルをダウンロードします。
    2. 新しいバンドルを任意の場所にデプロイします。
    3. データベースベンダーのJDBCドライバーJARを適切なlibフォルダにコピーします。
      1. Liferay DXP 7.3以下では、JDBCドライバーはデフォルトで$CATALINA_HOME/lib/extにあります。 
      2. Liferay DXP 7.4以降では、JDBCドライバーはデフォルトで$CATALINA_BASE/webapps/ROOT/WEB-INF/shielded-container-libにあります。
    4. portal-ext.propertiesファイルを$LIFERAY_HOME フォルダにコピーします。
    5. osgi設定ファイルを$LIFERAY_HOME/osgi/configsフォルダにコピーします。
    6. ライセンスxmlファイルを$LIFERAY_HOME/deployフォルダにコピーします。
    7. 以前のバンドルで行われたアプリケーションサーバー構成が、新しいサービスパックまたは更新バンドルでも行われていることを確認します。
    8. 以前のバンドルで行われた、またはデプロイされた追加のカスタマイズが、新しいサービスパックまたは更新バンドルでも行われた、またはデプロイされていることを確認します。
    9. DXPの {$LIFERAY_HOME}内のキャッシュフォルダをクリーンアップします。
      1. $LIFERAY_HOME/osgi/state フォルダを削除します。
      2. $LIFERAY_HOME/Work フォルダをにします。
      3. $LIFERAY_HOME/tomcat-version/temp フォルダをにします。
      4. $LIFERAY_HOME/tomcat-version/work フォルダをにします。
    10. DXPリリースノートポートレットを参照して、移行先サービスパックやアップデートにアップグレードプロセスがあるかどうかを確認します。
    11. インストールに関連する重要な変更点については、DXPリリースノートポートレットを参照してください。
    12. DXP 7.3以降のフィックスパックのアップグレードプロセス」を参照し、ソースサービスパックやアップデートから移行先サービスパックやアップデートに更新するプロセスを決定してください。
    13. 以前のDXPインスタンスをシャットダウンします。
    14. 新しいDXPインスタンスを起動するか、データベースアップグレードツールを実行します。

追加情報

この記事は役に立ちましたか?
6人中3人がこの記事が役に立ったと言っています