DXP 7.3および7.4 - リリースにおける変更点

リリースにおける変更点

Liferay DXP 7.3 FP3と7.4 GA1以降、Liferayはアップデートと修正に対する従来のアプローチから、新しいリリースモデルへと変更します。 部分的なアップデートではなく、Liferayはアップデートと修正など製品全体を含む完全なバンドルリリースを実行します。個別の累積メンテナンスパッチはリリースされません。この変更は、Liferay DXPを最新のソフトウェア開発サイクルに近づけ、お客様がよりシンプルかつ信頼性の高い方法でビジネスニーズを達成できるよう支援することを目的としています。Liferay DXP 7.3 FP3以降の7.3 リリースは、既存の7.4リリースと同様のアップデート(Update)になります。

新しいアプローチの利点

この新しいアプローチには、いくつかの利点があります。

    1. フィックスパックとサービスパックの統一プロセスによるインストールの簡素化。すべての変更点が1つのパッケージにまとめられているため、お客様は最新の情報を得るために複数のステップを踏む必要がなくなります。
    2. より信頼性の高いリリーススケジュール。リリース準備のプロセスが簡素化されたことで、お客様はより安心してリリーススケジュールを立てることができるようになりました。
    3. セキュリティの向上。Liferayのアップデートをバンドルして提供することで、Tomcatの最新かつ最も安全なバージョンをお客様に提供し、リスクを軽減することができます。
    4. 小さめのリリース。バンドルに格納されている修正パック情報が不要になり、ダウンロードに必要な実際のファイルサイズが軽量化されます。

Liferayバンドルを使用しない場合

パッケージ化されたTomcatバンドルを使用しないお客様は、新しいインストールや環境を構築する際に通常使用するのと同じプロセスを使用します。アップデートリリースには、ポータルと必要な依存関係の両方の個別のアーティファクトが含まれ、顧客は、サポートマトリックスのバージョンに基づいて、サポート対象のアプリケーションサーバーのいずれでも使用することができます。

Dockerを使用している場合の影響

現在Dockerをご利用のお客様は、フィックスパックやサービスパックは最新の変更点を含む新しいイメージとしてリリースされますので、この変更の影響を受けることはございません。Dockerイメージは、公開された時点ですでに完全なリリースバンドルが含まれています。

ホットフィックスが必要な場合

ホットフィックスは、お客様の既存のサポートポリシーに基づき、引き続き発行されます。ホットフィックスは、引き続きパッチツールを使用して適用され、将来のリリースに統合される予定です。パッチは、ホットフィックス自体に必要な変更のみを修正すればよいため、ホットフィックスのインストールがより迅速に行えるようになることが期待されます。

Liferayサポートへの影響

サポートは、不具合やセキュリティ上の脆弱性などの問題を調査し、エスカレーションするプロセスを現在と同じように継続します。サポートは、不具合がすでに解決され、アップデートされたリリースでお客様に提供されているかどうかを確認するよう努めます。もしサポートが新しい不具合で未解決であることを発見した場合、Liferay2つの方法のうちの1つで、公式に近日リリースされるリリースとカスタムHotfixのどちらかで問題を解決します。

ただし、7.4のお客様は、リリースから3ヶ月以内であれば、お客様固有のホットフィックスを期待することができます。この期間は、Liferayが新たに推奨するメンテナンスパッチサイクルに沿っています。

質問

リリースプロセスの変更に関するその他のご質問は、ご遠慮なく担当者にお申し付けください。

この記事は役に立ちましたか?
2人中0人がこの記事が役に立ったと言っています