Liferay SaaSのメンテナンスとリリーススケジュール

Note: please note that Liferay has renamed its Liferay Experience Could offerings to Liferay SaaS (formerly LXC) and Liferay PaaS (formerly LXC-SM).

Liferay SaaSは、安定したペースでアップデートと機能がリリースされている、進化を続けている製品です。 その努力の中で、お客様がプラットフォームを利用する際に、情報を入手し、十分に準備できるように、信頼できる環境を提供したいと考えています。 これが、Liferayが透明性のあるリリース頻度の戦略を確立した理由です。

リリース戦略は、LiferayがLiferay SaaSの変更や修正をリリースするための3種類のリリースウィンドウまたは機会で構成されます。 メンテナンスウィンドウには、次の3種類があります。

 

DXPのメンテナンスウィンドウ

4時間、地域のタイムゾーン

 

毎週のDXPメンテナンスウィンドウは、お客様が選択したデプロイリージョンとそのリージョンのタイムゾーンに基づいて、Liferayによって決定される固定のアップデートウィンドウです。このメンテナンスウィンドウの期間中、Liferayは実行中のデータベースとDXPインスタンスを定期的に更新します。

このメンテナンス期間中は、ほぼ毎週 1 〜 2回の短いダウンタイムが予想されます。

アップデートの直前に、ダウンタイムを短縮する為にアップデートが問題なく正しくインストールされることを確認します。Liferayは、本番用データベースのコピーでアップデートを試み、データや製品に問題がないかチェックします。またLiferayは、アップデートの品質を確保するためにエンド・ツー・エンドのテストも実行します。Liferayとお客様は、カスタムのビジネスユースケースが適切にカバーされるように、これらの定義済みテストプランを確立するために作業します。 これらの作業が成功すれば、本番システムと非本番システムを合わせて同じプロセスを行うことになります。

ご質問がある場合は、 ヘルプセンターのチケットを作成してください。

プラットフォームのメンテナンス ウィンドウ

火曜日と木曜日の午前 8 時から午後 8 時まで、太平洋時間帯

プラットフォームメンテナンスウィンドウは、新しいリリース、設定の変更、またはバグの修正を通じて、Liferay SaaSプラットフォームを改善するために使用される固定ウィンドウです。 このウィンドウは、毎週火曜と木曜の午前 8 時から午後 8 時 (太平洋時間帯)、または少なくとも 14 日前に通知されたその他の時間帯に行われます。ほぼすべてのリリースは、お客様のアプリケーションのダウンタイムや停止をゼロにして達成できます。他のシステムと同様に、変更が大きいほど、予期しないダウンタイムのリスクが高くなります。Liferayは、メンテナンス/リリースによる既知のダウンタイムについて、少なくとも14 日前までにお客様に通知します。

緊急メンテナンスウィンドウ

必要な場合

必要に応じて、重大なゼロデイセキュリティや信頼性の変更を、Liferayは事前通知なしにいつでもインストールできます。Liferayは、お客様の環境のアップタイムを重視し、セキュリティや信頼性の問題を軽減する際にはアップタイムを慎重に管理します。

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています